Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神・西勇「代打も仕方ないことだと思っているんで」粘投むなしく白星ならず

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「広島2-1阪神」(8日、マツダスタジアム)  阪神・西勇輝投手が広島戦に先発し、6回4安打1失点と試合を作ったが、自身に勝敗はつかず。大瀬良とのエース対決で投手戦を繰り広げたが最終的にチームが敗戦を喫し、ベンチ最前で見守った右腕は表情を一つも変えることはなかった。 【写真】代打・福留は最悪の併殺打 うなだれてベンチへ戻る  初回は長野に先制ソロを打たれたが、二回以降は立ち直りを見せた。ピンチは六回。先頭の鈴木誠に左翼線二塁打を打たれ、勝ち越し機を許した。ただ、勝負どころでエースは強い。松山、会沢を連続で打ちとった。2死二塁から菊池涼の申告敬遠をはさみ、最後は田中を一ゴロに抑え、ピンチを脱した。  流れは阪神に傾きかけていた。七回1死満塁の好機で打席を迎えた西勇に代打・福留が送られ、勝負にいったが結果は二ゴロ併殺打。西勇の表情も曇った。  「今日の代打も仕方ないことだと思っているんで。まあそれまでの2打席で僕が打ってたりしてたらまた変わってただろうし、代打とかもなかったかもしれない。けどそれは結果論なんで。しっかり打撃の方でも貢献できるようにやるだけですね」  前日は5点差を付けられての敗戦を喫していただけに、流れを変えたかった。しかし、勝つことはできなかった。「次にいかせればいいかなと思います」と静かに闘志を燃やした西勇。次戦こそはチームを勝利に導く。

【関連記事】