Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

EKブランドの新チェーンクリーナー&チェーンルブでシールチェーンの定期メンテナンスを

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

リニューアルされたチェーンクリーナーとチェーンルブ

サンデーメカニックのみならず、プロメカニックの間でも話題になるのがシールチェーンのメンテナンス。シールチェーンは給油不要という意見もあるが、チェーンメーカーが自らメンテナンス用品を開発していることから分かるとおり、たとえシールチェーンであっても定期的な手入れは不可欠である。 [関連写真×8枚]EKブランドの新チェーンクリーナー&チェーンルブでシールチェーンの定期メンテナンスを EKブランドでおなじみの江沼チヱンでは、好評のチェーンクリーナーとチェーンルブを2020年6月にリニューアル。 〈写真2〉キャップレスタイプのスプレー缶はノズルの紛失や着脱の手間がないのが魅力。折りたたみ式ノズルは直角に引き出せばピンポイントに噴射でき、折り畳んだまま使えば広範囲にスプレーできる。【右 EKチェーンクリーナー 420ml】●税込販売希望小売価格:1386円(以下同) 【中 EKチェーンルブ グリースタイプ 300ml】●価格:2200円 【左 EKチェーンルブ オイルタイプ 300ml】●価格:1980円 チェーンクリーナーは、噴射時の汚れ落ち能力が向上して乾燥スピードもアップ。ブラシで擦るほどゴムシールを傷付けるリスクが高まるので、ある程度の汚れを噴射力で除去できるのはありがたい。 一方のチェーンルブは、飛散を抑えながら流動性が高いオイルタイプと、耐久性の高さが特長のグリースタイプの2種類を用意。どちらも従来製品に対して耐摩耗性の向上とホイールやタイヤへの飛散抑止をさらに向上させたのが改良点となる。 〈写真3〉無色透明のオイルタイプ(左)に比べてグリースタイプ(右)は若干白みがかった半透明。色つきといってもカラーチェーンのプレートが白くなってしまうほどではない。垂直面にしっかり残ることで分かるとおり、どちらも定着性が良く飛散しづらい。 クリーナーとチェーンルブの改良に合わせてチェーンメンテのパッケージ製品である「EKメン」も新モデルに変更。清掃用のブラシや汚れ防止シートに加えて、ルブリケーター(実用新案)も健在。チェーンルブのスプレー缶付属の細いノズルで1コマずつ給油するのも良いが、ルブリケーターを使えば、潤滑が必要なプレートとローラーの隙間に確実に給油できるのが大きな魅力だ。 定期的な洗浄と給油によってチェーン1コマずつのフリクションロスが軽減すれば、加減速時のスムーズさがアップする上にチェーンやスプロケットの摩耗が軽減してロングライフ化にもつながる。チェーンメーカーが開発したケミカルで、安全安心のバイクライフを楽しもう。 〈写真4〉EKメンはチェーンルブがオイルタイプかグリースタイプかを選択できる。付属品一式を収納できるパッケージ仕様なので保管にも便利。【EKメン オイルセット】●価格:4290円 【EKメン グリースセット】●価格:4510円 〈写真5〉クリーナーやルブをタイヤに付着させないためのプロテクトシートや、シールリングを傷つけづらいナイロンブラシなど、EKメンの内容は充実。 〈写真6〉実用新案のルブリケーターは、潤滑の要となる内外プレートの隙間、ブッシュとローラーの隙間を狙ってチェーンルブを噴射できるユニークかつ実用的なアタッチメントだ。 〈写真7〉チェーンクリーナーは吹き付け圧力で汚れを落としつつ、15~20分浸透させてからしつこい汚れをブラシで擦り落とす。相性が悪いクリーナーを使うとシールが膨潤、収縮することもあるが、十分なテストを行った製品なので安心。 〈写真8〉EKメンを購入すればルブリケーターが付属するが、チェーンルブ単体で給油する際はノズルの先端を少し折り曲げることでプレートの隙間に狙いを定めやすくなる。

――― ●文/写真:栗田 晃 ●取材協力:江沼チヱン製作所 ※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

モトメカニック編集部

【関連記事】