Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

原監督は開幕3連勝で確信の高笑い 巨人は今季も“ダメ虎”サマサマ

配信

日刊ゲンダイDIGITAL

「本当にいいスタートが切れた。一人一人がしっかりとした役割の中でやってくれた」  巨人・原辰徳監督(61)の笑いが止まらない。21日の阪神戦も11安打7得点で快勝。過去8度の阪神との開幕カード3連戦で史上初の3連勝というから無理もない。  巨人は初回に先制を許したものの、四回に4番・岡本の逆転2ラン、パーラの適時打などで一挙5点。先発のサンチェスは6回途中1失点で、危なげない来日初登板初勝利を挙げた。  目も当てられないのは、2000年以来、20年ぶりの開幕3連敗スタートとなり、「巨人には去年負け越してるし、優勝チームでもあるので」と悔しさをにじませた阪神・矢野燿大監督(51)である。  打線は近本の先頭打者本塁打以降、「納得できる内容ではない」と振り返ったサンチェスから凡打を重ねた。この日、4番から6番に降格した新外国人のボーアは、六回2死で迎えた満塁の好機で前日も抑えられた左腕・高木に二ゴロに抑えられるなど、この日も4タコ。開幕3試合は12打数無安打スタートとなった。  巨人OBの評論家・高橋善正氏は「巨人が強いのか阪神が弱いのか……。この3連戦、矢野監督のチグハグな采配が目立ちましたね」とこう続ける。 「開幕4番ボーアの不振がクローズアップされていますが、矢野監督が3試合目にして早くも打順を6番に下げたことに驚きました。開幕戦で4番に据えたということは、今年の攻撃陣はボーアを中心に戦うという意思表示。自身の方針をたった2試合の結果で覆してしまっては、ナインは戸惑うだろうし、ボーアだって死んでしまう。いかにも中途半端です。2戦目も2イニングを残したところでベンチに下げていましたね。負けている試合で4番を下げるなんて、勝負を諦めたか、助っ人に見切りをつけたか。少なくとも巨人側にはそう見えたはずです」  ボーアは対左投手に対し、春のキャンプ中の実戦から計21打数無安打となった。高橋氏が続ける。 「そもそも、そんな外国人になぜ開幕4番を任せたのかが問題です。他にも、矢野監督の継投のタイミングや人選がことごとくズレていた。この日先発したガルシアを4回5失点と試合が決まってからマウンドを降ろした。開幕戦は逆に好投の西を6回1失点で早々と降板させたのが裏目に出た。2戦目は6回3失点と粘っていた岩貞に代えて2番手で送り込んだのはルーキー小川。まだ勝機のある2点ビハインドの場面がデビュー戦では荷が重過ぎるでしょう。案の定、自滅して試合が決まってしまった。開幕カードでは史上初というが、昨年も2カード目で阪神は巨人に3連敗して開幕ダッシュを後押ししている。実際は2年連続になるわけで、矢野監督は資質を問われても仕方ありません」

【関連記事】