Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キャンセル待ち57万人超!「悟空のきもち」日本初の“眠るアトラクション”で絶頂体験|STORY

配信

magacol

前から話を聞いて気になっていた、いま日本一予約の難しい店として有名な、頭の揉みほぐし専門店の「悟空のきもち」へ行ってきましたのでご報告します! 表参道で気軽にリフレッシュできる、公園スタイルの新スポットが出現!

悟空のきもち入り口

悟空のきもち原宿店

悟空のきもち1F受付 現在、全店予約上限の3カ月満席に加えて、全店キャンセル待ちが575,030人(2020年6月現在)。キャンセル待ち57万人って何!!!今回私がお邪魔した原宿店だけで、約20万人もの人がキャンセル待ちをしているとか。恐るべし……。

こちらも3Fフロア

原宿店は、地下1F~3Fの一棟で、4フロア24席から構成されています。それぞれのフロアが各テーマに分かれていて、 「B1 かぐや姫が月に帰る宇宙船」 「1F 受付」 「2F 無重力ゾーン」 「3F 時間がとぶタイムマシーン」 と、いわゆる揉みほぐしのお店の概念を覆すようなテーマパーク感。 もう、聞いただけでワクワクが止まりません! まずは1Fの受付を通ると、脳の機械仕掛け的な装置がお出迎え。すごい、なんかテンションが上がる!と思ったらこの棟を手がけたのは大手有名テーマパークを手掛けた人なのとか。納得です。

そして、私が案内されたのは、B1のかぐや姫が月に帰る宇宙船がテーマのフロア。近未来的かと思いきや、施されている素材は「竹」なんです。うーん、かぐや姫になった気分(笑)。

今日私を担当してくれるのは、笑顔が可愛い原宿店ヘッドマイスターの中野莉那さん。悟空のきもちが提案する頭の揉みほぐしは、髪も濡らさず、オイルも使用しないで、頭皮のマッサージだけで(デコルテや首肩もマッサージしてくれます)、10分程度でほとんどの大人を眠らせる魔法らしい。

それなのに私は眠れなかったらどうしようとドキドキしながらリクライニングソファに寝転びました。目にタオルが掛けられて、「頭皮がかなり硬いですね~」とギュッギュッと心地よい圧で揉みほぐしがスタート。

【関連記事】

最終更新:
magacol