Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【新型コロナ詳報】千葉県内38人感染 20代が11人で最多 半数が感染経路不明

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
千葉日報オンライン

 千葉県内で18日、38人の新型コロナウイルス感染が判明した。半数19人の感染経路が不明。一方で、同居家族内での拡大も相次いでいる。県内で確認された感染者は累計2532人に増えた。感染判明者のうち、野田市の40代男性はクラスター(感染者集団)が発生しているパブ「美魔女」(野田市)を3日に利用。県は当初、来店を把握していなかったが、男性が感染した知人の濃厚接触者として検査を受けたことで店の利用も分かった。同店の感染者は11人目。  18日の感染判明者の居住地は▽市川市9人▽浦安市5人▽千葉市、船橋市、鎌ケ谷市、銚子市各4人▽四街道市、館山市各2人▽柏市、成田市、横芝光町、野田市が各1人-だった。  年齢層別では20代が11人で最多。30代が7人、40代、50代、80代が各4人、10歳未満が3人、10代、70代が各2人。60代が1人。  県は29人分を発表。四街道市の30代無職男性は肺炎で症状がやや重い。銚子市の70代女性会社員は県内の工場勤務で同僚1人の感染が判明済み。銚子市の20代男性会社員も工場勤務だが、感染経路は不明という。成田市の80代女性は県内高齢者施設に入所している。  市川市の30代女性と小学生女児2人、幼稚園児1人、未就学児1人は同居家族。既に家族で他に1人の感染が判明しており、家族6人全員が感染した。  四街道市の30代無職男性と60代無職女性、館山市の80代無職女性と50代アルバイト女性、銚子市の30代男性会社員と70代無職男性も、それぞれ同居家族。市川市の50代男性会社員は同居家族の感染が判明している。  ◆千葉市4人感染 全員が経路不明    千葉市は18日、市内居住で10代~50代の男女4人の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。4人とも感染経路は不明。いずれも入院しているが軽症。  市によると、40代の飲食業男性は市内の飲食店で主に調理を担当。12日に発熱やのどの痛みが出た。  10代の女子専門学校生は7月29日まで東京都内の学校に通学。家族1人と、一緒に飲食するなどしていた友人3人の計4人を濃厚接触者として調査している。  30代のパート女性は今月9日にのどの痛みなどが出て、14日に受診。50代の男性会社員は都内勤務。 ◆船橋4人、2件家族内か    船橋市は18日、市内居住の20代と30代の男女4人が感染したと発表した。3人が軽症で、1人は無症状。  市保健所によると、東京都内で勤務する30代の男性公務員は14日に発熱などの症状が出た。感染経路は不明。13日に発熱した20代の男性会社員も感染経路が分かっていない。  また、同居家族から感染したとみられるケースは2件あり、20代無職の女性が軽症。20代アルバイトの女性はPCR検査で陽性となったが症状は出ていない。  ◆柏は1人    柏市は18日、市内居住の30代の自営業男性1人が感染したと発表した。感染経路は不明。軽症で宿泊療養している。14日に発熱や喉の痛みなどがあり、同日市内の医療機関を受診した。発症2日前以降、仕事のため車で都内を訪れていた。

【関連記事】