Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

海のクイズ王に目指し小学生が特別授業 海の知識や環境問題を楽しく学習【愛媛】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テレビ愛媛

テレビ愛媛

海に関する知識や環境問題について楽しく考えてもらおうと16日、松山市内の小学校でクイズ形式の特別授業が開かれ、児童が海のクイズ王目指して難問に挑みました。 正本健太キャスター: 「子供たちに人気の海賊王を連想させるような、『子どもの海のクイズ王』が決まります。早押しのクイズ台も置かれているなか今回、小学6年生たちが挑戦します。みんな、頑張れよー!」 松山市の垣生小学校で行われた特別授業は、教育現場で海の学習に力を入れてもらおうと、愛媛で初めて開かれた「子ども海のクイズ王」です。 クイズに挑んだのは6年生約140人。出題したのは「アタック25」などで優勝経験もあるプロのクイズ作家・古川洋平さんです。 古川洋平さん: 「問題、日本古来の楽器に由来した名前を持つ、滋賀県にある日本で一番大きい湖といえばどこ?」 女の子: 「琵琶湖!」 また海でクラゲに刺された際にやってはいけない対応が質問され、児童たちは触手を水道水で洗い流さないことも学びました。 男の子: 「海のこともいっぱい知れるしクイズになってるので、楽しくて参加がしてよかったと思います」 女の子: 「面白かったです。海を汚さないようにしたいと思いました」 古川さん: 「環境問題とかとっつきにくい印象があると思うんですけど、そういうものこそクイズの力を借りて、色んな学習につながるきっかけになればと思う」 このクイズ形式の特別授業は次回、10月27日に松山市の北久米小学校で行われます。

テレビ愛媛

【関連記事】