Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【インタビュー】ヤングアンドオルセン 尾崎雄飛が考えるデザイナーとしての「信念と配慮」、ムック本製作から見るブランドの在り方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FASHIONSNAP.COM

「世界のどこかにあるらしい小さなお店。ヤング氏とオルセンさんという若い男女が切り盛りしています」ーーー物語のような一文で始まるコンセプトを掲げるブランド 「ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズ ストア(YOUNG & OLSEN The DRYGOODS STORE)」。デザイナーは「フィルメランジェ(FilMelange)」の立ち上げに携わり、「サンカッケー(SUN/kakke)」のデザイナーも務める尾崎雄飛で、8月17日にはブランド初となるムック本(2400円/税別)が宝島社から発行された。ムック本には、ヤングアンドオルセンの「イット・バッグ」を合皮で仕上げたエンボスレザートートが封入されており、そのバッグのクオリティの高さから絶賛の声がある一方、SNSでは「本物を持っている人にとっては少し複雑」「なぜ既に販売されているアイテムと同じ色形にしたのか」などの意見が寄せられた。様々な意見を受け、尾崎は公式インスタグラムでフィード投稿を行い、ムック本製作の背景と「信念と配慮」について綴った。尾崎が記した、ファッションデザイナーとしての「信念と配慮」が意味するものはなにか。幼少期の思い出を皮切りに、ブランドやファッション業界に対する想いに迫った。 尾崎が立ち上げに携わった「フィルメランジェ」

憧れのお兄ちゃんとリーバイス

ーまずは、尾崎さんのルーツの話から。ファッションに目覚めたのは何歳の時でしたか?  上下をジージャン・ジーパンで着こなしたらかっこいいんじゃないかと思いついた11歳の頃です。両親から与えられたジージャンとジーパンを着て街を歩いていると、ジージャン・ジーパンにもたくさん種類があることを知ったんです。中でも当時、古着屋で働いていた憧れのお兄さんのジージャン・ジーパンの着こなしがすごくかっこよくて。「なんだか自分のジージャンとも、他の人のジーパンとも全然違う!」と感激した僕は、父親に何が違うのかと尋ねたんです。そしたら「息子よ、それはリーバイスだ」と教えてくれて(笑)。今思えば、憧れのお兄さんが着ていたものは、一つ一つがヴィンテージのいいものである上にサイズの選び方がとても上手な人だったんですよね。 ーインスタグラムのフィード投稿で書かれていた、「月賦のように支払って買ったジーンズ」はどこのブランドのものだったんでしょうか?  「エビスジーンズ(EVISU)」です。僕がちょうど中学生の時に一斉を風靡して、おしゃれなお兄さんたちの間でペンキのついたジーンズを腰まで落とし、ポケットに軍手を入れる謎のファッションが流行ったんです。当時中学一年生だった僕も欲しくて、欲しくて。ある日、エビスジーンズのショップに刺繍ステッチが施された初期のデニムが売られているのを見つけたんです。忘れもしませんよ、3万6000円(笑)。中学一年生でパッと買うことはできなかったため、毎日お店に通って眺めていました。ある日スタッフのお姉さんに「欲しいの、君?分割なら買えるの?」と聞かれて。その人は2回とか、3回の分割のことを言っていたと思うんですが、僕は「分割なら買えます!」と3000円払ったんですよ(笑)。その後は、一週間に1回1000円を持って行って……。支払ったものは「尾崎くん」と書かれた封筒に都度しまわれていました(笑)。  買えた時は感激で、喜び勇んで公園のトイレで履き替えましたね。いまだに持っています。あれだけはどうしても手放しようがないですね。

【関連記事】