Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

《ブラジル》 特別寄稿 =世界が学ぶ長寿県の生きがい =「幸福は自分で作るもの」= サンパウロ・ヴィラカロン在住 毛利律子

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニッケイ新聞

 昨今の世界的な日本文化ブームの広がりで、世界共通語になった日本語がたくさんある。よく知られたものに、スシ、マッチャ、サケ(酒)、テリヤキ、ベントウ、カラオケ、ツナミ、エモジ(絵文字)、オタク、マンガ、ニンジャ、ヤクザ、ボンサイなど。  生活慣習語としてのイタダキマス、ゴチソウサマ、モッタイナイ、最近では「イキガイ」が加わった。  アメリカの研究者・作家であるダン・ベットナーは、長寿の研究を世界的に広げ、長寿地域を意味する「ブルーゾーン」の分布図を作った。その結果、日本・沖縄の長寿の理由のひとつとして「生き甲斐」という概念に注目し、2000年代以降、その言葉と概念を欧米に広く知らせたのである。  生き甲斐とは、「生きることの喜び・張り合い」「生きる価値」を意味するが、彼の研究での長寿の条件は、自分のため、家族のために「すべきことを毎日繰りかえして続けるのが生き甲斐」ということであった。  ニューヨークに拠点を構えるTED(Technology Entertainment Design)が毎年開催する「TED Conference」は、世界的著名人から学者、一般の人まで、さまざまな知識人が登壇する大規模な講演会である。2010年1月のダン・ベットナーが発信した講演から、研究成果としての「イキガイ」を要約して紹介したい。

健康長生きの秘訣  俗説(1)「一生懸命努力すれば100歳まで生きられるか―。  この考えは間違い。長寿は生物学的限界内で平均的なヒトの寿命は、遺伝的にわずか10%だけである。アメリカ人5千人のうち、1人だけしか100歳まで生きられない。アメリカ人は長寿に設計されていない、ということである。 俗説(2)「加齢を遅らせる、逆転させる、あるいは止める治療法がある―か。  そういうものは無い。老化する方法はいくらでもあるが、数分間、脳から酸素を奪えば脳細胞が死に、元へは戻らない。運動をしすぎれば膝の軟骨が傷み、暴飲暴食で動脈は詰まり、脳には余分なモノが溜まる。するとアルツハイマー病になる。悪くなる理由はいくらでもある。  親友3人が肥満なら、自分が体重過多になる可能性が5割多いことが知られている。つまり不健康な人達に囲まれていると健康維持は難しい。友人の余暇が軽い運動や、庭いじりのような肉体活動であること。正しく食事していること。酒を飲むが飲み過ぎないといった交友関係なら、長期的健康に大きく影響することになる。

【関連記事】