Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

飛鳥ナンバー人気 松戸と接戦 新ご当地ナンバー17地域の図柄 「飛鳥3110」で取る人も

配信

乗りものニュース

デザイン発表時から幸運な偶然が重なった「飛鳥」ナンバー

 2020年5月11日から、全国17の地域で自動車用ナンバープレートの新しい地域名表示、いわゆる「ご当地ナンバー」の交付が始まりました。いずれも、「地方版図柄入りナンバープレート」を導入しており、地域ゆかりの図柄が描かれたプレートを申し込むことができますが、この図柄入りプレートの申し込み数で、奈良県の「飛鳥」ナンバーが健闘しています。 【画像】新ご当地ナンバー17地域の「図柄入り」申し込み状況 デザインもイッキ見!  国土交通省の資料によると、飛鳥ナンバーの図柄入りプレートの申し込み件数は、交付開始から43日を経た6月22日時点において、登録車、軽自動車合わせ1674件。千葉県「松戸」ナンバーの1688件とともにトップ争いをしています。しかし、松戸ナンバーの対象となる登録車両数は約13万7800台、これに対し飛鳥ナンバーの対象5市町村(奈良県橿原市、高取町、明日香村、田原本町、三宅町)における登録車両数は約5万9000台しかなく(いずれも3月末現在、軽自動車除く)、図柄入りナンバープレートを申し込む割合のうえでは、飛鳥ナンバーが17地域のなかでも突出しているのです。  飛鳥ナンバー協議会の事務局を務める橿原市の観光政策課によると、各市町村の首長も積極的にPR活動を行っていることもあるといいますが、交付開始前から、SNSなどで全国的に話題になり、広く周知されたという一面もあるそうです。  というのも、アイドルグループ「乃木坂46」のファンのあいだで有名になったのだとか。図柄入りナンバープレートのサンプルは、国土交通省が全国一律で「地域名 599 あ 2046」としているのですが、デザインが発表された時点で、乃木坂46メンバーの齋藤飛鳥さんが20歳だったことから、「飛鳥」や「あ」、「20」も「46」も、それぞれ齋藤さんに関係があるとされたのだそうです。  もちろんこれらは偶然の一致ですし、飛鳥ナンバー自体も、対象地域に登録の本拠を置く自動車でないと取得することはできません。しかしながら、任意の4桁数字を選べる希望ナンバー制度で、「3110」にする人もいるとのこと。「さいとう」の語呂合わせだといいます。

【関連記事】