Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「東京低地を形作った荒川その驚くべき歴史と秘密」荻窪圭のマップアプリ放浪

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

さて問題です。東京都荒川区は荒川区と足立区の境界を流れる川に因んで名づけられました。その川の名前はなんでしょう? 答え……隅田川。 古くから東京に住んでる人には当たり前のことなんだけど、はじめて知ったときは「荒川ちゃうんかい!」とつっこんだもんですよ。 というわけで地図アプリで知る地形と歴史シリーズ、第3回は荒川である。

東京にとって荒川が重要なわけ

大型台風が来たり、豪雨があったりすると必ず話題になる『荒川』。2019年秋の台風でも『荒川』の状況が何度も報じられたのを覚えているはずだ。 それ、東京東部に住んでいる人にとっては自明のことなのだけれども、なぜ『荒川』が大事なのか。これを地図アプリを使って説明してみたい。

東京低地を守るために作られた荒川

まずは東京の地形の基本。 東京側の武蔵野台地(その東の端が江戸城……つまり皇居や上野)と千葉県側の下総台地に挟まれた東京低地があり、そのど真ん中を貫く巨大な川が荒川だ。

江戸時代より前は利根川もここに注ぎ込んでたくらいだから、水害も当たり前というなかなかシビアな土地だったのである。 江戸城を本拠にする徳川幕府としてはそれは困る、でもこの広大な平野を制御できれば広大な水田地帯になる。 というわけで幕府が命令し、超大規模な治水事業が行われ、東京湾に注ぎ込んでいた利根川を銚子方面へ流路を変え、利根川の支流だった荒川も上流で流路を変えて入間川に合流させ、今の原形を作った。 それでも当時の土木技術。もともと低くて平らな土地なので、上流に大雨が降ると容易に川は暴れ、何度も大規模な水害を引き起こしていた。

時は流れて明治42年の夏。 歴史に残る大洪水が起きてしまったのである。 荒川上流河川事務所のページには「利根川の洪水と合わせて埼玉県内の平野部全域を浸水させ、東京下町にも甚大な被害をもたらしました。(中略)埼玉県内では、県西部や北部に人的被害が多く、床上浸水被害が県南や東部低地に多かったのが特徴です。交通や通信網も遮断され、鉄道は7~10日間不通。東京では泥海と化したところを舟で行き来し、ようやく水が引いて地面が見えるようになったのは12月を迎える頃だったそうです」とある。これではやばいということで一大プロジェクトがスタートした。 水害を避けるために、約21kmの巨大な人工の川(放水路)を作ることにしたのである。それが大正2年。水田が多い土地だったとはいえ、小さな集落やいくつかの古社古刹も移転することになり、巨大な放水路が完成したのが昭和5年だった。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ