Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カッコいい車の代名詞!! でも売れていない… アルファロメオの魅力と大きな課題

配信

ベストカーWeb

    熱狂的ファンの存在する輸入車では、MINIが有名だが、それに負けず劣らず熱いファンが存在するのがアルファロメオだ。 【画像ギャラリー】2020年内での生産中止が決定!! アルファロメオのスーパースポーツカー4C&4Cスパイダーの艶やかな姿を愛でる!!    アルフィスタなる言葉が昔から日本でも浸透しているとおり、世界的に人気が高いイタリアンブランドだ。   まず、アルファロメオ人気は日本が顕著なのか? それとも世界的なものなのだろうか? そしてアルファロメオの人気の理由は過去の名声、つまりブランド的遺産なのか?    現在日本で購入できるモデルの魅力を訴求しつつ、日本人がアルファロメオが好きな理由、克服すべき課題について岡本幸一郎氏が考察する。  文:岡本幸一郎/写真:FCA

アルファロメオのグローバル販売台数はそれほど多くない

    ドイツ勢が圧倒的に強い日本の輸入車市場でも、存在感を発揮している非ドイツ系ブランドがいくつかある。アルファロメオもそのひとつ。   販売台数としてはそれほど多くなく、ここ10年では2012年の4452台がピークで、2014年以降は3000台に達していないというのは意外に感じたのだが、容姿が目立つせいか実際の台数よりも売れているように錯覚していたようだ。   あるいはアルファロメオが持つ魔力によって、無意識のうちに贔屓目で見てしまっていたせいかもしれない。   アルファロメオは日本だけでなくグローバルでもあまり売れていない。実は、もっとも多かった1980年代でも、せいぜい18万台程度だったという。   もっと売れているイメージがあったのだが、意外とそうでもなかったことと、それが意外やヒットモデルの「156」の時代ではなかったことはちょっと驚いた。   それでもアルファロメオは話題にことかかない。ブランド力は極めて高く、熱狂的な多くの愛好家に支えられている。たとえ売れていなくても人気はあるという不思議な位置づけのブランドである。

歴史上最も売れたのは156

    110年におよぶ歴史の中でも、とりわけ創業間もない1910年代から30年代にかけての黄金期にはレースでの活躍も目ざましく、ル・マンでの破竹の4連覇などドイツ勢をさしおいて輝かしい戦績を残している。   かのエンツォ・フェラーリが若かりし頃にドライバーを務め、やがて自身の設立したチームでF1に参戦し、強敵である古巣のアルファロメオを抑えて優勝した際に、「母を殺してしまった」と語ったのも有名な話だ。   第2次世界大戦後に量産車メーカーへと転身を図って以降も、優美なデザインはもとより、DOHCや4輪ディスクブレーキを惜しみなく与えたり、トランスアクスルや可変バルブタイミングといった高度なメカニズムをいちはやく採用して話題となった。   歴代でもっとも売れたのは、欧州COTYにも選出され、累計67万4000台を販売した「156」で、日本でもブームと呼べるほどよく見かけたことを思い出す。   ところが、アルファロメオというブランドも好意的に受け取られていたにもかかわらず、あとに続かなかった。   それはにわかファンが話題にのって買ってみたものの、それほどよいものではないと感じた人が少なくなかったり、あとを受けた「159」や「ブレラ」の重々しい走りに閉口したからだろうか。   それでも多少の不満こそ聞かれたものの、不思議と本気で悪く言う人がいなかったように思える。彼らの声にもどことなく「愛」が感じられたものだ。

【関連記事】