Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

体に串を刺した人々はなぜ15キロも行進するのか マレーシア、苦行がもたらす達成感【世界から】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 マレーシアの首都クアラルンプール近郊で2月、ヒンズー教徒伝統の祭り「タイプーサム」が行われた。見た目はカラフルだが、その危険さゆえにヒンズー教発祥の地インドではほぼ禁止となっている「奇祭」だ。南インドからの移民が多く根付くマレーシアでは毎年行われている。参加するために世界中から数多くのヒンズー教徒が訪れるこの祭りを取材した。(マレーシア在住ジャーナリスト、共同通信特約=海野麻美)   ▽100万人以上  「タイ」はヒンズー暦の満月を、「プーサム」はこの時期に一番輝く星をそれぞれ意味する。ヒンズー教の女神パールバティーが与えたやりで息子のムルガンが悪魔を破ったという神話にちなんでいる。ムルガンは悪の破壊者で、美や若さを象徴する神。仏教では「韋駄天(いだてん)」と呼ばれる。   タイプーサムが行われるのは、バツー洞窟内に建てられたスリ・スブラマニアム寺院。バツー洞窟はマレーシアにおけるヒンズー教の聖地で、祭り当日ともなると参加者を含め100万人以上のヒンズー教徒らが国内外から集結し大変な騒ぎとなる。

 祭りの日、信者たちはクアラルンプールの中心部にあるスリ・マハ・マリアマン寺院を出発し、北に約15キロ離れたスリ・スブラマニアム寺院を徒歩で目指す。ゴールのスリ・スブラマニアム寺院では華やかな神輿(みこし)も登場する。  そう聞くと、観光客向けのパレードや家族連れが楽しみながら参加できる祭りを思い浮かべるかも知れない。しかし、現実は全く違う。   ▽衝撃  花やクジャクの羽、色鮮やかな布などで作った「カバディ」と呼ばれる大きい装飾につながった太い鉄製の串を舌や頰など体に刺した信者が練り歩いているのだ。これだけでも大変なのに、重さが最大で40キロにもなるカバディを担いでスリ・スブラマニアム寺院まで約9時間も掛けて歩き続けるという。カバディの華やかさと串が刺さった信者の落差がありすぎて、不思議な気持ちになってくる。  家族や知り合いが水や食料を補給するなどしてサポートしている。それでも怪我をしたり気分が悪くなってしまう人も少なくない。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS