Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『窮鼠はチーズの夢を見る』で映画初出演 元タカラジェンヌ・咲妃みゆ、夫役・大倉忠義の印象語る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 9月11日公開の映画『窮鼠はチーズの夢を見る』に出演する咲妃みゆのコメントと新場面写真が公開された。 【ほか場面写真】連れ添って歩く大倉×咲妃  『ナラタージュ』『リバーズ・エッジ』『劇場』の行定勲が監督を務めた本作は、水城の漫画『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』を実写映画化した人間ドラマ。  受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた大伴恭一(大倉忠義)は、ある日、後輩の今ヶ瀬渉(成田凌)と7年ぶりに再会する。「ずっと好きだった」という渉からの一途なアプローチに振り回されていくうちに、やがて恭一は胸を締め付けるほどの恋の痛みに翻弄されていく。  本作が映画初出演となる、元・宝塚雪組トップ娘役の咲妃が本作で演じるのは、大倉演じる恭一の妻・大伴知佳子役。恭一の浮気を疑い、興信所に不倫調査を依頼する役どころだ。その調査を担当したのが、恭一の大学時代の後輩・今ヶ瀬だった。奇しくも、恭一と今ヶ瀬の久々の再会のきっかけを作ることになってしまう。  本作が映画初出演となった咲妃は、「タイトな撮影スケジュールでしたので、私がNGを出して撮影に支障をきたしてはいけない!と必死でしたが、見かねた大倉さんが優しく話しかけてきてくださり、気持ちが救われました」と撮影当時の心境を振り返った。また、「撮影中の大倉さんは、いつも冷静に集中力を高めていらっしゃった印象です。とても難しいお役だったはずですが、内面を隠した上での感情表現一つ一つに凄みがあり、相当綿密に役作りに励んでいらっしゃるんだと思いました。真剣な眼差しで、時には笑顔を交えながら行定監督と意見交換していらっしゃるお姿が眩しかったです!」と大倉に対する印象を明かした。  公開された場面写真では、何不自由のない生活を送りながらも、夫への不信感を募らせている知佳子の表情、恭一と知佳子の久しぶりのショッピングデートの様子が切り取られている。

リアルサウンド編集部

【関連記事】