Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

渋野日向子、国内ツアー10月中旬まで欠場 全英後に米挑戦の苦渋決断「本当に悩んだ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE ANSWER

地元・岡山の大会も欠場、5大メジャー制覇の夢を優先「自分に嘘をつきたくない」

 女子ゴルフの渋野日向子(サントリー)が6日、オンラインで会見し、20日開幕の海外メジャー・AIG全英女子オープン(ロイヤルトルーンGC)に向けて意気込みを語った。13日からはスコットランド女子オープンに出場。7日に出国する予定だが、国内ツアーの次戦は10月中旬以降になることを明言した。 【画像】リモート・シブコの背後に写る、カラフルで巨大な物体はなに?  正直な渋野は、自分の思いにも正直だった。全英後は英国から帰国せず、米国に移動して9月のANAインスピレーション(米カリフォルニア州)、推薦出場のできる米ツアー、10月2週目の全米女子プロ選手権(米ペンシルベニア州)と続くメジャー転戦プランとなる。その間の国内ツアーは、地元・岡山開催の日本女子プロ選手権や日本女子オープン、昨年優勝したデサント東海クラシックも欠場することになる。 「イギリスからすぐにアメリカに飛んでメジャー大会に向けて準備したい。(国内メジャーより海外?)そうです。決めました。かなり考えたけど、本当に悩んで、悩んだ中で地元で頑張りたいという思いもかなりあったけど、今の自分はアメリカで戦いたいという思いがあって、自分の思いに嘘をつきたくない。考えに考えてアメリカで頑張ると決めました」  苦渋の決断を下した渋野。昨年後半から掲げる「5大メジャー制覇」という壮大な夢に向かって何が大切かを判断した。7月にマネージャーから話を受けたが「いろんな人に相談する選択肢もあったけど、自分の思いでしっかり決めないといけないと思っていたので、自分で決めた」と自己判断したという。 「早くアメリカツアーに行くには今は優勝するしかないので、挑戦すると決めました。今年の目標は2021年に米ツアーに出られるように挑戦すること。日本で戦おうが、世界で戦おうが自分自身は変わらない。そういう部分を応援してもらえたら。それは岡山県民だけでなく、日本の方にそう思っている。それでも今のプレーをテレビの前の皆さんに見せられるようにしたい」  日本のゴルファーを代表して戦う21歳。夢を追いながら懸命にプレーする姿を届ける。

THE ANSWER編集部

【関連記事】