Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

和歌山市で海開き『ロッカーや売店は無し』USJは7月20日以降は誰でも入場可能に

配信

MBSニュース

MBSニュース

 7月に入り、新型コロナウイルスの影響を受けていた施設や観光地が、さらに動き出しています。  新型コロナウイルスの影響で今年は各地で海水浴場の開設が見送られる中、和歌山市では7月1日に5か所ある海水浴場のうち4か所がオープンし、片男波海水浴場では海開きの神事が行われました。今年は新型コロナウイルスの影響で大阪府や兵庫県などの多くの海水浴場がオープンしません。このため和歌山県に多くの海水浴客が押し寄せる可能性があり、片男波海水浴場では感染予防策としてロッカーやシャワールームを使用禁止とし、売店も設置されないということです。  一方、京都市東山区の八坂神社では祇園祭の幕開けとなる「お千度の儀」が7月1日に行われました。今年は、新型コロナウイルスの影響で最大の見せ場となる山鉾巡行が中止になり、お稚児さんも選ばれなかったため、長刀鉾の代表者3人のみで儀式にのぞみました。  「例年と比べると寂しいお参りという形でしたけど。神事ごと祭礼の無事をお祈りということでまわらせていただきました。」(長刀鉾保存会 井上俊郎代表理事)  また、大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ入場できる人の範囲が広がります。現在は、年間パスポートを持つ人か、関西2府4県に住む人に限られていますが、7月10日からは東海・北陸・中国・四国地方在住者に拡大し、7月20日からは全国だれでも入場できるということです。

MBSニュース

【関連記事】