Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

平成から令和へ…今季のJヤングガンが出場していた高校選手権【17~19年度】

配信

サッカーマガジンWeb

この連載では、全国高校サッカー選手権に出場し、その後Jリーガーとなった選手を当時のお宝写真とともに紹介していく。連載最終回は、第96回~98回大会編。今季J1デビューを飾ったあの有望株も、高校サッカーからプロに進んだ。

大会スタートから100年

 2017年12月30日から1月8日にかけて行なわれた第96回大会。通算回数こそ96回だが、戦争などで中止になった大会をカウントしていないため、全身の日本フートボール大会が始まってから(1918年1月)ちょうど100年を迎えた。その記念すべき大会で王者に輝いたのは前橋育英(群馬)。21回目の出場にして初優勝を果たし、群馬県勢としても初めての栄光を手にした。  平成最後の大会となった第97回大会(18年度)は、青森山田(青森)が2年ぶり2度目の全国制覇を達成。黒田剛監督の指導、体制作りが実を結び、群雄割拠の時代に新しい名門が生まれたことを印象づけた。なお監督として複数優勝を成し遂げたのは、第83回大会の鹿児島実業(鹿児島)の故松澤隆司監督以来のことだった。  令和になって最初の第98回大会(19年度)は、多くの好チームが大会を沸かせ、青森山田と静岡学園(静岡)の決勝も大会史に残る名勝負となった。下馬評では同年のプレミアリーグ王者の青森山田が圧倒的有利。その予想どおり、早い時間に青森山田が2点を奪ったが、前半アディショナルタイムに静岡学園が1点を返すと、後半は猛反撃を展開して3-2と逆転。個人技にこだわる「静学サッカー」を最後まで貫き、大輪の花を咲かせた。

◆安藤瑞季

安藤瑞季(あんどう・みずき)◎1999年7月19日生まれ。第95、96回(16、17年度)選手権に出場。2年時に大会優秀選手に選出され、プロ内定選手として注目された3年時は出場全試合でゴールを記録。抜群の身体能力で徹底マークを弾き飛ばした。卒業後はセレッソ大阪に加入し、今年3月から期限付き移籍でFC町田ゼルビアに加わった

【関連記事】