Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

話題のコンパクトEV「Honda e」」が10月30日に発売決定! 気になる価格は451万円から

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

上級グレード「Advance」は459万円!

 話題のコンパクトEV「Honda e」の発売が、10月30日(金)に決定したとホンダが発表した。メーカー希望小売価格(税込み)は、ベースモデルが451万円、上級グレード「Advance」が495万円。 【写真135点!】圧巻のワイドディスプレイほかHonda eの画像ギャラリー  Honda eは、ホンダが新たに提案する都市型コミューター。これまでにないクルマの魅力を追求しつつ、EVの本質を見つめ直して作り上げているという。エクステリアデザインは円を基調にしており、丸みを帯びた可愛らしさも感じさせる雰囲気だ。丸形ヘッドライトはウインカーなどを目立たないように組み込んでおり、横一文字のグリルと相まってじつにシンプルなフロントマスクとなっている。リヤビューも、フロントと同様のデザインを採用しており、全体的にスッキリとした印象だ。  インテリアデザインは、運転中はもちろん停車中も快適に過ごせるよう、リビングのような空間を与えている。ぬくもりを感じるウッド調パネル、シート&ドア表面のメランジ調ファブリック、ブラウンのシートベルトやダウンライト式LEDルームランプによって、上質かつモダンな雰囲気となっている。  このシンプルなクルマに組み合わせるのは、最先端のテクノロジーだ。量産車世界初となる、5つのスクリーンを水平に配置するワイドビジョンインストルメントパネル。中央に12.3インチスクリーンを2画面並べたワイドスクリーン・ホンダコネクト・ディスプレイ」は、運転席や助手席で別の表示をさせることが可能だ。左右の表示項目入れ替えなども、スマートフォン感覚で行えるのも新しい。  クラウドAIによって、さまざまな情報提供などがもたらされる「ホンダ・パーソナルアシスタント」は、知りたい情報などを問いかければリアルタイムで応えてくれるという、コンシェルジュのような存在だ。ホンダ車専用の車載通信モジュール「ホンダコネクト」も搭載。「ホンダトータルケアプレミアム」と名付けられたコネクティッドサービスを利用することで快適なカーライフが送れるようになる。  そのほかにも、スマートキーを持っているだけで、車両に近づけば自動でドアハンドルがポップアップし、触れるだけでドアロックが解除される。乗車したことを認識すると自動で電源が入り、ドライバーはシートベルトを装着し、Dレンジに入れるだけで走行が可能だ。また、降車後はドアを閉めれば自動的に電源が切れるようになっており、ストレスフリーなドライブが楽しめる。加えて専用アプリをインストールしたスマートフォンをデジタルキーとして使うことも可能だ。  全グレード標準装備となるサイドカメラミラーシステムは、170万画素高精細カメラ採用により、クリアな映像を実現。インパネ左右に配置する6インチモニターに映し出され、夜間や悪天候時でもクリアな映像で周囲の状況を確認できる。  モーターはリヤに搭載し、リヤ駆動となるRRを採用。高剛性ボディと四輪独立懸架サスペンションによって、軽快な走りを実現した。最小回転半径は4.3mで、片側1車線の6m道路でもUターン可能な小回り性能を持つ。走行モードはノーマルとスポーツの2パターンで、シーンに合わせたパフォーマンスを味わえる。  このおかにも、快適な駐車をサポートする駐車支援システム「ホンダパーキングパイロット」をはじめ、ホンダセンシングといった先進安全装備も抜かりはない。コンパクトEVと最先端技術を組み合わせた、新世代の都市型コミューターに注目だ。

WEB CARTOP

【関連記事】