Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

笑顔印にしてトークリーダー! STU48薮下楓、アイドルとしての“自分色”を探す挑戦

配信

ENCOUNT

おうち時間では趣味のアニメやゲームだけでなく、料理やお菓子作り、絵画にハマる

 瀬戸内7県を拠点とするアイドルグループ「STU48」は、新型コロナウイルスによる苦境を乗り越え、グループ結成4年目となる2020年のさらなる飛躍を目指す。メンバーが日替わりでオリジナル体操をする「みんなでSTU体操」など、支えてくれるファンとともにさまざまな試みを行うなか、メンバーは今、どのように過ごしているのか。今後挑戦したいことを含めて紹介していく。 【ギャラリー】STU48メンバーの思いが詰まったミサンガ…瀧野由美子、沖侑果、甲斐心愛ら12人の貴重ショット集  薮下楓はゆるふわな雰囲気に、負けず嫌いでしっかり者の一面を併せ持つグループの“笑顔印”だ。ロケの合間にダンスの自主練をするほどプロ意識が高く、デビューシングル「暗闇」から選抜メンバーの常連として屋台骨の一角を担ってきた。AKB48 50枚目シングルのカップリング曲「法定速度と優越感」(U17選抜)、AKB48 U19選抜楽曲「おはようから始まる世界」の歌唱メンバーにも選ばれるなど、次世代エースとして期待されている。  派生ユニット「せとまいく」ではリーダーを担当。矢野帆夏や甲斐心愛、信濃宙花ら話すことが大好きで個性豊かなメンバーが集まるなか、絶妙な手綱さばきでその中心に立ち、ファンを楽しませてきた。2020年4月からは、NHK広島「コイらじ」で水曜日ティーンズレギュラーとして出演。洋楽も含めたさまざまなジャンルの音楽の知識も豊富で、ラジオで見せる掛け合いも安定感があり、トーク力にさらに磨きをかけている。そんな薮下を“推しメン”と公言するメンバーの沖侑果は尊敬の念を込めて、「ふうさんはオールマイティー。何をやらせても全部上手くこなすから、アイドルが天職な気がします」と称する。 「私、夢の話が苦手なんです。まだみんなみたいに、これを目指しているとか見えていなくて」  そう明かす薮下だが、“STU48を支えたい”という思いは強く、「自分の色がまだまだ分からないので、まずはそれを見つけたいです。グループを引っ張っていける活動を個人でもできたらいいなと思います」と今後の活動について語る。 「最近はゲームだけでなく、料理やお菓子作り、絵を描くことにもハマっています。テレビやラジオなどメディアのお仕事にどんどんチャレンジしたいです」  自分の中で模索する“オリジナルの色”を見つけた時、薮下のアイドルとしての輝きは一層増すことになるだろう。 □薮下楓(やぶした・ふう)、2000年10月7日生まれ、大阪府出身。STU48 1期生。ダンスなどパフォーマンスだけでなく、時にツッコミ、時にボケと変幻自在なMCでもグループを牽引する。2ndシングルのカップリング曲「制服の重さ」(20世紀生誕メンバー)では自身初のセンターを務めた。STU48での目標は「広島グリーンアリーナでライブをする」。ニックネームは「ふう」。

ENCOUNT編集部

【関連記事】