Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鈴木伸之&佐野勇斗W主演ドラマの追加キャスト発表!三吉彩花、矢野聖人、猪野広樹ら

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

9月17日(木)からMBS“ドラマ特区枠”でスタートする鈴木伸之と佐野勇斗W主演ドラマ「俺たちはあぶなくない~クールにさぼる刑事たち」(毎週木曜夜0:59-1:29ほか、MBSほか)のレギュラーキャストとして、矢野聖人、猪野広樹、三吉彩花、井上肇、近江谷太朗が出演することが分かった。 【写真を見る】ドラマ「俺たちはあぶなくない」W主演・鈴木伸之&佐野勇斗のビジュアル公開 同作は、熱い昭和の刑事、下り坂でも世のため踏ん張った平成の刑事とは対照的に、“コスパを重視”する令和の刑事を描いたポリス・コメディーだ。後ろ向きだけど、かっこいい刑事の姿を描く。 ■ 矢野聖人&猪野広樹、鈴木と佐野のライバル刑事に 矢野聖人が演じるのは、正義感も強くまさに刑事向きな人格だが全くツキがない熱血刑事・月賀梨男(つきがなしお)。高野心(鈴木)や世中渡(佐野)に嫉妬していて、彼らがサボっていると確信しているが、証拠をつかめずイライラしている。 一方猪野広樹は、月賀の相棒で、月賀の運の無さに振り回される人の良い若手刑事・伊喜利辰巳(いきりたつみ)を演じる。月賀の刑事としての実力は尊敬しており、高野や世中よりも優れた刑事であると思ってはいるものの、捜査上でのあまりのツキのなさに振り回され無駄足となるケースが多い。月賀に呆れ、ときに哀れみの目で見ている。 ■ “イケオジ刑事”役、井上肇 井上肇は、渋いビジュアルで捜査本部を仕切るが、事件の見立てがとにかく下手なイケオジ刑事部長・出久坊三(でくぼうぞう)を演じる。出久は高野や世中を認めており、彼らがサボっているとは微塵も思っていない。 ■ “えらそうな署長”役、近江谷太朗 近江谷太朗は、麻布中央署の署長で高野と世中が最もおべっかを使うべき男・江良宗一(えらそういち)を演じる。高野の出世は江良のご機嫌取りにかかっているといっても過言ではなく、高野と世中は宇和佐から度々署長の好きな映画や料亭の情報を仕入れている。 ■ 署内のすべてに通じる情報屋の女を三吉彩花が演じる 三吉彩花は、署内のあらゆる情報に通じる噂好きの女・宇和佐好江(うわさよしえ)を演じる。手土産の高級スイーツと交換に、高野と世中に有益な情報をもたらす。 ■ 矢野聖人コメント 今回、月賀梨男を演じました矢野聖人です。久しぶりのコメディタッチだったので、僕自身、気合いが入りつつも現場で試行錯誤し皆様に楽しんで頂けるよう撮影致しました!! 麻布中央署イチ熱い男の生き様を是非ともご覧下さい! ■ 猪野広樹コメント 台本を読ませて頂いた時から、とにかく笑いっぱなしでした。それぞれの登場人物のキャラクターが本当に濃いので、撮影中は毎日その化学反応が楽しみで仕方なかったです。 高野と世中とは全く違う、月賀と伊喜利のバディ感もぜひお楽しみ下さい…!そして最高に笑ってください! ■ 井上肇コメント 刑事ものとしてはかなり緩い?いや、とんでもないと言った方が的確かもしれません。とにかくこの“あぶなくない”二人の若い刑事と、濃~いキャラの上司、同僚刑事たちが織り成す、“とんでもないドラマ”を是非堪能して頂きたいです! ■ 近江谷太朗コメント 脚本がとても面白かったので、撮影を楽しみにして現場に行きました。同じ事務所の鈴木くんが、人柄も手伝って魅力的な主人公を作り上げていて、思わずお父さんのような目でニコニコして見てました。 他のキャストもみんないい感じです!魅力的な若者たちのフレッシュな演技をお楽しみつつ、自分と井上肇さんのオジサン2人にもちょっとだけ注目していただければ幸いです。 ■ 三吉彩花コメント 宇和佐好江役を演じました三吉彩花です。今回とても味の濃い役に出会えたことを嬉しく思います。それぞれが創り出す世界観と宇和佐独特のキャラクターも是非楽しんで一緒に笑っていただけたらと思います! ■ 気になるストーリーをチェック! 警視庁麻布中央署に勤務する若手刑事・高野と世中。刑事たるもの、市民のために24時間駆けずりまわり、愚直に戦うべきだ、その考え方は古く彼らは汗をかかない、捜査をしない。そんな彼らが目指すのは、さぼること。 出世を目指す高野と、転職を目指す世中は、いかに効率的にさぼって自分の時間を作るか、それこそが彼らの“正義”であり、今の時代に合ったクールでかっこいい生き方なのだ。 だから彼らは、あぶない橋を渡らない。今日も捜査するフリをしてコスパ良くさぼりまくる。しかし、そんな彼らの思いとは裏腹に、ひょんな事から毎回事件に関わってしまう。万が一、間違いがあったときに責任を取らされないよう、さぼっているのがバレたくない二人は、あの手この手で切り抜ける。(ザテレビジョン)

【関連記事】