Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「友達だと思っていた人たちが電話に出てくれなくなった。半沢直樹の世界はめちゃくちゃリアル」元アナウンサー高島宗一郎・福岡市長が語った役人・マスコミとの“距離感”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 19日のABEMA『NewsBAR橋下』に経済成長著しい福岡市の高島宗一郎市長が出演。意外にも初対面だという橋下徹氏と、首長の仕事や行政改革、マスコミとの距離感について語り合った。 【映像】橋下氏も注目の高島市長が地方改革&道州制を語る

■「かわいがっていた後輩すら事務所に来てくれなかった」

 36歳でKBC九州朝日放送のアナウンサーを辞めて、政治の道に進んだ高島市長。政治家を志したのは大学時代に出会った雑誌がきっかけでと、実はアナウンサーになったのも、将来を見据えてのことだったという。そして、福岡市長に立候補した理由の一つに、橋下氏の存在があったという。  「その雑誌に、“選挙に強い政治家にならないと意味がない”と書いてあった。そうでなければ、4年間のほとんどを選挙活動に費やすことになって、自分のやりたいことができないと。私の場合、親はサラリーマンで地盤・看板・鞄がないので、まずは顔を知ってもらい、投票してもらえるような状況にしておきたいと思った。当初は国会議員になることをイメージしていたが、いよいよ福岡市長選挙に出ないかという話が来た時、橋下さんが大阪府知事をされていた。しかも私の番組でコメンテーターをしていた東国原さんが宮崎県知事になった。日本を良くするのは国会議員の仕事だと思い込んでいたけれど、地方自治体の首長は直接選挙で選ばれるので、それが変われば思いきり変わるし、各自治体を良くしていく方が早道だなと考えた」。  時折うなずきながら真剣な表情で高島市長の話を聞いていた橋下氏は「今の国政に物足りないのは、行政組織を動かしたことのない国会議員ばかりだということ。そういう人が入っていってすぐに仕事ができるかといったら、できない。地方で知事、市長の経験をした上で国会へ、というルートを作るためにも、若い人たちには知事、市長を経験し、実績を残してもらいたいと思っている」と応じた。  しかし、政治家に転身しようとした途端、人々の対応が一変したのだという。

 「月~金の朝の番組のキャスターなど3番組を担当していたので、外に出ると、コンビニのレジの人も、すれ違うおじちゃん、おばちゃんも、みんな“高島さん、見てますよ”と言う。だから私はみんなが友達だと思っていた。福岡だけじゃなく、九州全員が友達、みたいな。ところが選挙事務所には誰も来なかった。しかも、電話にも出てくれない。かわいがっていた後輩すらも来てくれなかった。当時は民主党政権で、現職の福岡市長も民主党の推薦だった。そこに私が出ていったから、みんな落ちるだろうと思ったのだと思う。テレビのキャスターとしての高島だったら付き合っていてもデメリットはないが、現職を落とそうとする候補を応援することはリスクがある。でも、この時の経験はすごく良かった。いざという時、本当に助けてくれるのは誰なのか、ということがよく分かった。今では元同僚たちとも普通に会って話はできるようになったし、番記者とは飲みに行ってじっくり付き合うところもある。でも、やっぱりマスコミなので、批判すべきは批判しないといけないという矜持がある。やっぱり一定の距離はあるし、会見では後輩にひどくやられていた」。  橋下氏も「僕もテレビ番組で辛坊治郎さんや宮根誠司さんとのお付き合いがあったけれど、政治家になった瞬間、そこは切り分けようということで連絡は一切しなくなった。辛坊さんも宮根さんも、僕の携帯に電話をすれば話を聞くことができるが、それもなかった。メディアと政治の関係は、線を引くことが重要だと思う。国政では、そこがどうなのかなと思うこともある。NHKスペシャルの渡辺恒雄さんのインタビューはものすごく面白かったが、今は記者が政治の中にガッツリ入ってやっていく時代ではないと思う。その意味では、番記者や記者クラブの制度も変えていかないといけないと思う」と話した。

【関連記事】