Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

データをいかに読み解くか 日本人アナリストがドイツで磨く「解釈」と「伝える」技術

配信

Football ZONE web

どの数字にどんな意味があるのか、理解できる形に落とし込むことが大切

 試合の中では、それぞれ選手の立ち位置と体の向きで見える景色は全然違う。自分はフリーでパスを受けられると思っているのに、ボール保持者のほうは「今は出せない」と思うことは多々ある。そうした状況で出されたパスと、なんでもない時に出されたパスとを同じに数えることはできない。  データは、ただ眺めているだけだと数字の羅列でしかない。だからどの数字にどんな意味があって、自分たちを改善するためにはどのデータをどのように活用したらいいかを、彼らが理解できる形に落とし込むことが大切になる。  そうしたポイントを見つけ出し、具体的なイメージが湧くように“翻訳”していく。例えば指導者視点からすると、選手に対して『パスをもらいたい選手はパスを受けられる位置にタイミング良く動け』というニュアンスで伝えようとすることがある。それで感覚的に分かる選手はいい。  でも、分からない選手は分からないままだ。そうした時にデータや映像から選手の特徴までを考慮して、実際に起こった事象に対して「こうした状況では意識して2メートルくらいピッチ中央へ寄ってみるといいですよ」みたいに、ある程度以上、具体的に「どのようにアプローチをしたらいいのか」を提示できたら、好変化をもたらすことができるかもしれない。そうしたサポートで、指導者の意図を表現することもできるかもしれない。  何を求められているのか。そこが分からないとアナリストの仕事にはプラスアルファの価値を生み出せない。浜野氏も、そこを理解したうえで取り組む大切さを感じている。 「SAPの人とかシュテファン(ノップ)にも、『今このIT時代にコミュニケーションってなんだって考えたんだ』という話を聞いたことがあります。哲学めいたことなんですけど、『コミュニケーションにもいろいろあるじゃないか。ミーティングもそうだし、グラウンドでの会話もそうだし。でもミーティングに集中できていない選手もいるかもしれない。内気で自分が言いたいことを言えない選手もいるかもしれない。そういう選手には違うアプローチをしてあげないといけないよね。じゃあ、こういうのはどう? 映像を使って他の選手と話をする。それでも違うんだったら、ホテルの部屋で携帯をいじりながら見て、そこから何か生まれたり。コミュニケーションすべてをカバーできるんじゃないか、俺たちは。それが目標だ』と言っていました」  コミュニケーションのあり方は一つではない。それぞれに適した取り方を探り出すこともまた、アナリストにとって大切な技能の一つと言えるのかもしれない。 [著者プロフィール] 1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。

中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano

【関連記事】