Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バンカー超えのアプローチに効く!ハンドレイトでボールを上げる打ち方をマスターしよう

配信

ゴルフネットワーク

 バンカー越えで、ピンまでの距離が約20ヤードのアプローチ。このようなケースでは、いつものボール真ん中で、ハンドファーストで打つ」方法よりも、ボールを少し左足寄りに置き、フェースを開いてハンドレイトでとらえると、簡単に球が上がるしミスショットにもなりにくくなります。 【動画】宮本勝昌が教えるチームセリザワ流アプローチの極意2つ  しかし、アマチュアゴルファーの中にはこの打ち方が上手くできない人もいます。理由は2つ。1つは、右足体重になるケース。ボールを上げなければいけないという気持ちがあるせいか軸が右に傾いてしまう人がいるのですが、そうするとヘッドが上昇しながらインパクトを迎えてしまうため、トップしてしまう危険性が出てきます。そうならないためにも、センターに重心を置くことが大事です。  もう1つは、インパクトでハンドファーストになってしまうケース。手元よりもヘッドが先にいくハンドレイトで打ってこそ、バンス効果でソールが滑るわけですが、ハンドファーストで打ってしまうとヘッドが地面に引っかかり、いわゆるダフリになってしまいます。  普段、あまりやらない打ち方なので慣れが必要かもしれませんが、ハンドレイトで打ちさえすれば、ボールの手前5cm前後のところにヘッドを落としてもしっかりバンスが跳ねてダフリになることはありません。  もし、トップしたり、ダフったりする場合は、この2点に注意して、上げるアプローチを練習してください。ここさえ間違わなければ、プロたちがよくいう、「手前からザザーッといけば簡単に上がるし、ミスになりにくい」というアプローチが自分のものになるはずです。 (CS放送ゴルフネットワーク「あすゴル!ゴルフ部<出演:内藤雄士ツアープロコーチほか/毎週日曜よる10時初回放送>」#114より)

【関連記事】