Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

MSI GS66 Stealthレビュー:ハイスペックでRGB控えめなゲーミングノートPC、出ました

配信

ギズモード・ジャパン

ゲーミングPC感は抑えつつ、しれっとハイパフォーマンス。 能ある鷹は爪を隠す、的なガジェットって良いと思うんです。たとえばフォルクスワーゲンのフェートンW12は、派手やかなベントレー・コンチネンタルとだいたい同じエンジンを搭載しつつ、見た目はフォルクスワーゲンだった、とかです。そんな、一見普通なんだけど宇宙からサイヤ人が殴り込んできたらいつでも互角に戦えそうなガジェットのひとつが、MSIのGS66 Stealth(以下GS66)です。 【全画像をみる】MSI GS66 Stealthレビュー:ハイスペックでRGB控えめなゲーミングノートPC、出ました MSI GS66 Stealth これは何?:15インチのゲーミングラップトップ 価格:1600ドル(約17万2000円)から、レビュー機は2250ドル(約24万2000円)、日本向けモデルは31万6800円(オフィシャルストア価格、税込) 好きなところ:クリーンで控えめなデザイン、キーごとのRGBライティング、増強されたグラフィックス、ポートたくさん、画面のリフレッシュレートが最大300Hz 好きじゃないところ:画面の明るさがそこそこでしかない、ファンが異様にうるさくなる、タッチパッドがまれに飛ぶ

外観は全面黒、開くとRGB

2018年のGS65 Stealthはブラックとゴールドのスタイリングでしたが、2020年版のGS66はブラックオンブラックで、「ステルス」の名にぴったりです。MSIのロゴはほとんど影みたいにさり気なく、外側には通知のライトとかRGBライトとかもないので、外出先で使ってても、「あ、ゲーマーなんだ」って瞬時に悟られる心配もなさそうです。 でもフタを開けてみると、控えめな外観とは打って変わって、RGBライティングをキーごとにカスタマイズできるカラフルなキーボードが顔を出します。キーボードはゲーミングデバイス専門ブランド「SteelSeries」とのパートナーシップで作られていて、プレインストールされたSteelSeries Engine 3アプリを使って色設定を変えたり、マクロを組んだり、いろいろできます。 キートラベルの深さは1.5mmで、心地良い反発感があり、数時間ゲームやタイプをした後でも、もっと浅いキーボードを使った後みたいに疲れることはありませんでした。ゲーミングラップトップっぽさを隠したいときには、バックライトを完全に消すことも可能です。 GS66がGS65と違うところはまだあります。ヒンジのデザインが刷新されてもっとしっかりした感じになり、筐体も前より若干硬い感じになって、全体的にもっと頑丈そうに見えます。その分重量は2.1kgと、GS65より200gくらい重くなりました。でも一番インパクトがあるのは、タッチパッドが大きくなったことでしょうね。多分ゲーム用には外付けマウスを使う人がほとんどですが、超ワイドなガラスのタッチパッドはやっぱりうれしいです。ワイドすぎて、右クリックとかしたいときにコーナーに指を伸ばすのに慣れが必要なくらいです。ただカーソルがあさっての方向に飛ぶことが何回かあったんですが、全体的にはジェスチャーも含めて正確に認識されてました。 GS66のオーディオは、左右のパームレストに上向きスピーカーが入り、よりリッチでダイレクトな聞こえ方になりました。サイドには各種ポートがずらりと並び、USB-Cポートふたつ(うちひとつはThunderbolt 3対応)、USB-Aがふたつ、HDMI、ギガビットイーサネット、3.5mmオーディオジャックという布陣になっています。

【関連記事】