Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

いよいよパター探しの放浪の旅に終止符が!? カスタムパターの世界を疑似体験してきた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

ドライバーやアイアンのライ角やシャフトなどをフィッティングによって選び、自分専用のクラブを使えるようになって久しいが、パターにもその波が押し寄せているようだ。ギアライター高梨祥明がカスタムパターの世界へご案内。

アジャスタビリティの“父”がスタートさせた知る人ぞ知る“オデッセイ”パター

TOULON DESIGNパターと聞いて、ピンと来る人はかなりのクラブマニアに違いない。さらにODYSSEY TOULON(トゥーロン) PUTTERと聞いて、アレ!? っと不思議に思った人は、かなりの事情ツウだと思う。 現在、オデッセイパターが展開中の「TOULON(トゥーロン) PUTTER」は、通常のオデッセイパターとは一線を画す、クラフトマンテイストを盛り込んだ削り出しタイプのラグジュアリーシリーズである。TOULON(トゥーロン)というのは人の名前で、このブランドのデザイナー/プロデューサーであるショーン・トゥーロン氏のことである。 トゥーロン氏は、元々テーラーメイドゴルフのセールスレップとしてゴルフ業界に入り(82年)、その後独立し93年に「ZEVO(ジーボ)」というフィッティングに基づいたクラブ販売を主とするゴルフメーカーを興した実業家でもある。 90年代前半にアイアンだけでなく、ウッドのライ・ロフト角パーツ(40種)が取り外せるフィッティング用キットを作り、ヘッド+ネック(ライ角)+シャフト+グリップの組み合わせでゴルファーにぴったりのクラブを販売するという、実に先進的なクラブ販売を実践した人物なのだ。 「ZEVO(ジーボ)」を売却した後は、00年にテーラーメイドに再び招かれ、商品担当のバイスプレジデントとして新生・テーラーメイドの舵取り役を担った。 トゥーロン氏はテーラーメイドで「300シリーズ」、「500シリーズ」という3つのヘッドサイズ(つまり3つの重心設計)を選択できるメタルシリーズを企画し、これが大ブレイク。その後、取り外しが可能でウェートカートリッジの重さの配分で重心位置を設定できる“MWT(ムーバブルウェートテクノロジー)”を搭載した「r7クワッド」。シャフトスリーブの機能でフェースアングル(ロフト)を調節できる“FCT(フライトコントロールテクノロジー)”を搭載した「R9」シリーズも、トゥーロン氏が開発部門にアイデアを投げたものだ。 フィッティングクラブブランド→可変ウェートシステム→可変スリーブシステム。トゥーロン氏の過去の仕事を振り返れば、彼の中に“ゴルフクラブはカスタムしてこそ本物”という信念があることは明らかである。以前、彼はそのきっかけについてこう語っていた。 「大学時代にティーチングプロとして女性やビギナーを教え始めた。その中で疑問に思ったことが、“なぜ、みんな違うスウィングパターンを持っているのに、同じようなクラブを使っているんだろう?”ということなんだ。僕には合わないクラブが変則スウィングを作っているように思えた。本当は自分に合ったクラブを見つけるべきなのにね」(トゥーロン氏・談/09年取材時) そして、彼は“パターこそ、人それぞれの好みやスタイルがある。カスタムできるべきだ”とも言っていた。00年に彼がテーラーメイドに戻ったときは、メタルウッドのおまけのように作られたパターしかなかったが、彼はこれを不満に思い「ROSSA(ロッサ)」という本格パターブランドを立ち上げた。 そして、テーラーメイドを離れた後、2015年に設立したのも、パターブランドの「TOULON DESIGN」だった。当時、ゴルフ見本市で見かけ声をかけると、彼は熱っぽく「TOULON DESIGN」パターのコンセプトを語ってくれた。 「ヘッドの種類はブレードからマレットまで多数用意。そしてネックもベンドシャフトからショートスラントまでストロークタイプに合わせて選べるようにした。それぞれのヘッド重量をソールプレートで調節できる仕組みだよ。もちろんシャフト、グリップも選べるし、刻印のカラーもカスタムできる! どう? すごくクールだろ!」 2016年「TOULON DESIGN」は、キャロウェイゴルフの傘下となり、オデッセイのラインナップとして展開されることになる。そしてトゥーロン氏自身も、今はキャロウェイゴルフ・シニアバイスプレジデントであり、オデッセイブランドのゼネラルマネージャーである。

【関連記事】