Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メッシに最も近い日本人選手は? 元日本代表DFが指名「こいつは一体何者なんだと…」

配信

Football ZONE web

メッシと家長の共通点は? 栗原氏が持論「本田がよく家長の名前を口にしていたけれど、伊達じゃないなと」

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは2009年からの10年間で6度のバロンドール賞を受賞し、文字どおり“世界最高の選手”としての座を確固たるものとしている。そんなメッシに最も似ている日本人選手は誰なのか? 元日本代表DF栗原勇蔵氏が「Football ZONE Web」のインタビューで持論を展開している。 【動画】アルゼンチン代表FWメッシに最も近いと栗原氏が絶賛 川崎MF家長、絶妙なマーカー翻弄テクニック  2010年10月8日に行われたキリンチャレンジカップのアルゼンチン戦(1-0)に先発フル出場を果たした栗原氏は、当時23歳だったメッシと幾度となくマッチアップを繰り広げ、無得点での勝利に貢献した。昨季終了後に現役を引退した栗原氏だが、「錚々たるアルゼンチンの中でもメッシは別格で、神様だった」と、肌で感じた世界トップクラスを振り返っている。  メッシが唯一無二の存在であるのは言うまでもないが、日本人選手の中で最も近いプレースタイルを持つのは誰か尋ねると、「パッと浮かんだのは、家長。(横浜F・マリノスFW)仲川輝人もドリブルが速くて細かく、緩急を駆使するタイプ。だけど、イメージ的には左利きだから家長のほうが近いかな」と、川崎フロンターレのMF家長昭博の名を挙げている。 「あいつも若い頃は典型的なドリブラーだったし、スピードもあって、マッチアップして、すげーな、と思い知らされた。ボールも離さずにキープできる。 似たようなやりにくさを感じた。間合いを持っているし、彼は体も強いから、あえて晒して体をぶつけて優位な体勢に持ち込むとか、そういうのも上手い。もちろんメッシと異なる部分もあるけれど、DFとしてアタックするのが困難な選手であるのは間違いない」  これまで数多くのJ クラブや海外クラブに在籍してきた家長だが、「やっぱり面食らったのはガンバ時代。初めて年下に負けたと実感した瞬間だった」と、栗原氏はガンバ大阪でプロデビューを果たした18歳の家長に強烈なインパクトを受けたという。

【関連記事】