Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大島てる氏が語る『呪怨:呪いの家』と事故物件の恐怖「想像以上の出来事が起きるのが事故物件なんです」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

ジャパニーズホラーの代名詞ともいえる『呪怨』シリーズ。2003年に公開された劇場版を皮切りにハリウッドでのリメイクやシリーズ化に発展し、世界に羽ばたくことに。 そんな『呪怨』シリーズの最新作『呪怨:呪いの家』が、日本発のNetflixオリジナルシリーズ初のホラー作品としてこの度、配信開始された。本作は、荒川良々演じる心霊研究家の小田島が心霊番組で共演したはるか(黒島結菜)が経験した怪奇現象に興味を持ったことをきっかけに物語が進んでいく。そんな中、接点のないさまざまな登場人物をつなぐ鍵として、事故物件である呪いの家が登場する。 今回、事故物件公示サイトを運営する大島てる氏に、本作の魅力やぜひ知っておきたい事故物件の恐怖についてお話を伺いました。 ■怪奇現象が起こるだけじゃない事故物件の恐怖とは? ――『呪怨:呪いの家』の大きなテーマに事故物件があります。事故物件の専門家である大島てるさんから見た本作の印象を教えてください。 てる 『呪怨』シリーズを観るのは初めてだったのですが、配信中の全6話を一気に観てしまいました。ステイホーム期間があったこともあり、題材となっている家というものを身近に感じられるので、より怖いと思える作品だったと思います。 ――ちなみに、作中に出てくる物件は『事故物件』の定義に当てはまるのでしょうか?  てる 作中では物件内で殺人が起こっているので、当然事故物件に当たります。まぁ、実際には殺人や火事によって物件内で人が亡くなったとしても、必ずしも不可解な現象が起こるとは限らないですが。 ――でも、どうしても気になっちゃいますよね......。実際、家を買ったり、借りるときに事故物件かはどのように判断したらよいのでしょうか? てる その物件で殺人などがあったということ以外にも、構造に問題があるなどの場合には告知義務が不動産仲介業者には定められています。 しかし、お年寄りの孤独死などは業者によっては自然に起こり得るものとして、告知されずに扱われることもあって。 ――業者の判断次第なんですね! 知らぬ間に事故物件に住んでる可能性があるかと思うと、それこそホラー!! てる 業者側が知っている事実を告知しないということにペナルティが課せられるのですが、事故から年月が経ってしまったりすると、事件の詳細を(業者が)そもそも知らないということもあります。ちなみに、『呪怨:呪いの家』でも作中で起こった事件がニュース番組として報道されていましたよね。 ――はい、ありました。 てる 複数箇所を刺されて死亡したと報道された事件の裁判を傍聴して、よくよく確認してみると、実に100箇所以上刺されていたということも過去に存在しました。その報道自体はもちろん間違いではないのですが、複数箇所と聞くか100箇所以上と聞くかによって、だいぶ印象が変わってきます。

【関連記事】