Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【マークシリーズの原点】数多くの傑作が生まれた1940年代のミリタリーウオッチの歴史をひも解く。

配信

ウオッチライフニュース

 第1次世界大戦では航空機や戦車などの近代兵器が投入されたが、その性能や数量はまだ十分とは言えなかった。主戦力は歩兵であり、主戦場は塹壕戦だったのである。  しかしこれが第2次世界大戦期になると、近代兵器のさらなる発展と実用化によって、戦場が陸上だけでなく空や海にまで広がり、軍隊編成や戦術もいっそう複雑になった。  この変化に合わせて、軍用時計に求められる機能やデザインが明確化、細分化されていったのだ。  イギリス軍を例に、陸・海・空それぞれで採用されたミリタリーウオッチの特徴と違いを見ていきたい。

イギリス陸軍モデル

 まず陸軍の軍用時計だが、この頃から仕様の統一化が図られたため、基本的にすべて同じ特徴を備える。デザインは60刻みのミニッツ、セコンドインデックスとアラビア数字のアワーインデックスを持った黒文字盤。そしてスモールセコンドタイプの防水仕様というものだ。  また陸軍用時計は各国で黒文字盤が採用されることが多かったのだが、その理由は周囲から目立たないためだったと言われる。さらに光を反射しないようにマット仕上げが施されたものが多いことも特徴だ。  雨が降ることもあるため、基本的には防水仕様。風防がガラス製ではなく、割れても飛散しないプラスチック製に改められたのもこの頃だ。

イギリス海軍モデル

 海軍でも基本的に3針時計が採用されたが、センターセコンドタイプが中心であった。これには理由があり、支給されたのが主に航空母艦の艦載機に登場するパイロットだったからだ。特に飛行中は秒単位での時刻を把握することが必須であり、そのため判読性の高いセンターセコンドが採用されたというわけである。また、海軍用にはクロノグラフなどバリエーションが多いことも特徴と言える。  1940年代にはまだ本格的なダイバーズウオッチが開発されておらず、海軍用の時計でも見た目には、陸軍用とそれほど違いがあったわけではない。ただ、文字盤の色については、暗いところでも判読しやすいように白が採用されたモデルも多い。

【関連記事】