Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トレイ・ヤング「僕はいつもネガティブなエナジーをポジティブなものへと変えてきた」

配信

バスケットボールキング

「僕はチャンピオンシップを勝ち取りたい。ホークスというフランチャイズを次のレベルへと引き上げたいんだ」

 5月17日(現地時間16日、日付は以下同)に公開された『ESPN』の番組“One Team Speaker Series”に、アトランタ・ホークスのオールスターガード、トレイ・ヤングが出演した。  3月13日から新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、NBAがレギュラーシーズン中断に踏み切ってから2か月が経過し、現在はシーズン再開に向けて着々と動き出している中、ヤングはこのように明かしている。 「今の時点で、僕は準備する必要はないと言っておこう。だって僕は走ってもいないし、プレーもできていない。ボールにも触っていないんだからね。でも一つ言っておきたいのは、(シーズン再開となれば)僕はしっかり準備して臨むということ。もし再開されるなら、ゲームシェイプを取り戻すためのトレーニングキャンプがあるだろうし、ゲーム勘を取り戻すことができるさ。今の時点では準備できているとは言えないけど、その時になったら大丈夫さ」。  キャリア2年目の今季、ヤングはホークスの大黒柱となり、平均29.6得点4.3リバウンド9.3アシスト1.1スティールをマークし、スターター枠でオールスターに選出される急成長を見せた。  今季のホークスはイースタン・カンファレンス14位の20勝47敗。もし再開されたとしても、今季のプレーオフ進出は不可能に近いというのが現状。そんな中、ヤングは1997-98シーズンのシカゴ・ブルズを追跡したドキュメンタリー『ザ・ラストダンス』について、特にMJことマイケル・ジョーダン(元ブルズほか)を観て刺激を受けているようだ。 「とんでもない(ドキュメンタリー)シリーズだ。MJがロッカールームでどうだったのか、どうやってチャンピオンシップを勝ち取ったのか、どのようにしてゲームを離れて、(一度引退してから)復帰して3度も優勝できたのか。僕はチャンピオンシップを勝ち取りたい。ホークスというフランチャイズを次のレベルへと引き上げたいんだ。だから彼がやってきたこと、そのために彼が見せてきた犠牲の数々を観ているよ。本当にインスパイアされるものだし、僕にモチベーションを与えてくれる」。

【関連記事】