Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

堀内健、『愛の不時着』にハマりすぎて「見る人は要注意」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニッポン放送

ネプチューンの堀内健が、ニッポン放送「高田文夫と松本明子のラジオビバリー昼ズ」(6月22日放送)に出演し、自身が夢中になっている韓国ドラマ『愛の不時着』について熱弁した。

Netflixで配信中の韓国ドラマ『愛の不時着』は、北朝鮮のエリート軍人と、パラグライダー事故で北朝鮮に不時着した韓国の財閥令嬢が恋に落ちるラブロマンスで、今、日本でも大ブームを巻き起こしている。 堀内は、外出自粛期間中に『愛の不時着』の全16話を視聴し、「ついつい朝になってしまう」というほど、同ドラマにハマっていたことを明かした。 堀内:(ドラマの)最後のほうは、仕事があった時まで見ちゃって、寝不足のまま仕事に行って。 高田:ずっと見てたから? 堀内:それで(明石家)さんまさんに「『愛の不時着』を見まして」って言ったんですよ。そしたら、「だから『笑いの不時着』なんや」って言われちゃいました。 松本:あははは(笑)。 堀内:だから見る人は要注意ってことですよね。それと同時に、見てない人は羨ましいなと思って。もう1回、あの感動が味わえるのかと思って。 松本:ハマっちゃうんだ! 高田:そんなに面白いの? これ。 堀内:キュンキュンするんすよ! 役者の人が、外国の人なのでわからないじゃないですか。だから、本当にその人に見えちゃうんですよね! 高田:そっか。ドキュメンタリーじゃないけど、作り話じゃなくて、その人本人なんじゃないかってね。

劇中では、男女のすれ違いを描きながらも、「時にはバーンと出会ったりするタイミングがバッチリなんですよね!」と語っていた堀内。全話を見終わった後も、その魅力に心酔していたようだ。

【関連記事】