Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

37歳の若さで急逝 「史上最高のユーテリティープレーヤー」とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

ドラフト外からのスタート

 今から10年前の2010年4月2日。巨人で内野守備走塁コーチを務めていた木村拓也さんが広島戦(マツダ広島)の試合前、シートノック中にグラウンドで倒れた。突然の出来事で木村さんに駆け寄る首脳陣、選手の表情がこわばる。懸命な治療が行われたが、5日後の7日にくも膜下出血のため広島市内の病院で帰らぬ人に。享年37歳。早すぎる別れだった。  木村さんは「史上最高のユーテリティープレーヤー」と呼ばれる。ただの便利屋ではなく、替えの利かない選手だった。投手以外すべてのポジションを守り、しかもその守備能力は高い水準を誇る。勝負強いスイッチヒッターで代打成功率は毎年リーグトップクラスをマーク。代走でも俊足と状況判断に優れていた。ベンチに控えていたらこれほど頼もしい選手はいないだろう。

 このプレースタイルはプロで入団後に挫折を味わいながら、鍛錬を積み重ねて見出した「生きる道」だった。進学校の宮崎南高では強肩強打の捕手として高校通算35本塁打をマーク。しかし、身長170センチと小柄だったこともあり、ドラフト指名からは漏れて1990年オフにドラフト外で日本ハムに入団する。入団後すぐに支配下登録選手から外れ、試合に出場できない練習生扱いに。プロの厳しさを味わったが、気持ちは折れなかった。2年目の92年に外野にコンバートされ、94年には主に守備固めで自己最多の83試合に出場する。

 与えられた環境で求められる役割を全うした。94年オフに長冨浩志との交換トレードで広島移籍すると、二塁、遊撃の練習に取り組み、96年からスイッチヒッターにも挑戦。プロ10年目の2000年に全試合出場で打率.288、10本塁打とレギュラーをつかむと、同年から4年連続130試合以上出場。04年に開催されたアテネ五輪で当時の長嶋茂雄監督から「絶対に必要な選手」と信頼を寄せられ、メンバーに選出されている。  そして、06年シーズン途中に山田真介との交換で巨人にトレード移籍。若返りを図るチーム方針で出場機会が減少したためトレードを志願したが、選手層が厚い巨人への移籍に心配の声が多かった。だが、巨人にとって木村さんはチームに必要な人材だった。03年から4年連続V逸と低迷する中、複数のポジションをこなし、攻守走で高い水準のパフォーマンスを発揮できるユーティリティ、若手の手本になるプロ意識がチームに大きな影響をもたらす。06年に代打で26打数12安打、打率.462、出塁率.500と驚異的な数字をマーク。 07年、08年と100試合以上出場し、若手を引っ張るチームリーダ格として不可欠な存在になる。

【関連記事】