Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

加藤清史郎 「こども店長」だった僕がイギリス留学で見つけたもの

配信

婦人公論.jp

18歳にして芸歴17年。時代劇やCMで愛らしい笑顔を見せていた「清史郎くん」も、この春大学生になったそう。人気絶頂期にイギリスに留学し、学業と芸能活動の両立を選んだ理由や家族について語ってもらった(構成=内山靖子 撮影=大河内禎) 【写真】にっこり笑顔に子役時代の面影が! * * * * * * * ◆高校3年間をロンドンで過ごして 1歳で芸能界デビューし、8歳のときに、NHK大河ドラマ『天地人』で主人公・直江兼続の幼少期を演じて大ブレイク。トヨタ自動車のCM“こども店長”も大人気で、国民的子役として注目の的に。そんな加藤清史郎さんも今や18歳。この数年は仕事をセーブしているように見えたが、ここへきて映画の主演や舞台への出演が相次いでいる。 実は、2020年の3月までの3年間、ロンドンの高校に留学していたんです。日本の学校の付属校なので生徒は日本人だけだったのですが、寮母さんや食堂のシェフはイギリス人。週末はウェストエンドにミュージカルを観に行ったり、現地の演劇学校に通って、英語のプログラムに悪戦苦闘しながら(笑)、お芝居の勉強もしてきました。 留学しようと決めたのは、小学校6年生のときに『レ・ミゼラブル』の舞台に出演したことがきっかけです。新演出ということで、イギリスから本場のスタッフが訪れて、英語で指導を受けながら稽古をしました。 もちろん、すべて通訳さんを介してコミュニケーションしていたんですけど、通訳さんなしでダイレクトに会話ができたら、自分が演じる役ももっといいものにしていけるんじゃないかって。それで、英語を喋れるようになりたいと、そのときからずっと思っていたんです。 もうひとつの理由は、中学2年生のときに、「これからも俳優として生きていく」と覚悟を決めたから。今、10代の僕が70代、80代まで続けていける仕事です。だったら、今のうちにいろいろな勉強をして、役者としての土台作りをしようと。 中学生になって声変わりが始まり、子役時代と比べ、顔つきや体形も変わっていくので、役者としても中途半端な時期。じゃあ、この期間に知識や経験を蓄えておこうと考えました。 ロンドンでは本場のお芝居やミュージカルが観られるのはもちろんのこと、数々の名画が見られる美術館や博物館もたくさんあります。そんな環境の中で、芸術的センスを磨きたいと思ったんです。

【関連記事】