Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

厚労省、コロナ接触確認アプリ「COCOA」15時頃にリリース

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、新型コロナウイルス感染症対策テックチームと連携して、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を開発し、国民にインストールするよう呼びかけている。 同省ホームページ上では、19日の15時頃にリリースするとしている。 接触確認アプリは、本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、互いに分からない形で接触した可能性について通知を受けることができる仕組み。 新型コロナウイルスの陽性が判明した場合、本人が同意して、本人がアプリで登録する必要があるという。 通知がされたユーザーには、症状や身近な者の状況を選択すると検査の受診などが案内される。 なお、氏名・電話番号・メールアドレスなどの個人の特定につながる情報の入力は不要で、他のスマートフォンとの近接した状態の情報は、暗号化され、本人のスマートフォンの中にのみ記録される。 同記録は14日の経過した後に自動的に無効になり、行政機関や第三者が接触の記録や個人の情報を利用し、収集することはないとのことだ。

【関連記事】