Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

戸郷も続くか…高卒2年目に大ブレークを果たした巨人のスター投手とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

 今シーズンの巨人はエース・菅野智之の活躍が目立つが、菅野の次にチームに貢献している投手が高卒2年目の戸郷翔征だ。昨季終盤から大事な場面で起用されるなどチームから大きな期待がかけられていたが、今季は12試合に登板して7勝4敗。その期待に応える活躍を見せている。この調子を維持すれば、新人王も夢ではない。さて、同じように高卒2年目で大ブレークを果たした巨人の大投手が槙原寛己だ。今回は、巨人の偉大なレジェンド投手の足跡を紹介する。 巨人・戸郷翔征インタビュー とことん意識する男

プロ12球団が注目した剛速球投手

 大府高時代の槙原は、140キロ台中盤の剛速球を投げる投手として甲子園でも活躍。当時の愛知県下の高校には、名古屋電気高の工藤公康、愛知高の浜田一夫と逸材がおり、槙原はこの2人とともに「愛知三羽烏」と呼ばれ、スカウトから高い評価を受けていた。  ドラフトでも注目の存在だった槙原だが、早々に「ファンだった巨人か地元の中日以外に指名された場合は社会人野球に進む」と明言。半ば逆指名のような形となり、巨人が単独1位指名に成功した。  ちなみに1981年のドラフトで、巨人は1巡目で槙原、3巡目で吉村禎章、5巡目で村田真一を獲得しており、後の彼らの成績を考えると「大当たり」の年だったといえる。

2年目で12勝と活躍して新人王を受賞

 ドラフト1位指名で巨人に入団した槙原だが、ルーキーイヤーの1982年はプロで投げるための体づくりに専念。二軍では試合に登板したが、結局一軍では起用されなかった。しかしシーズン終了後の非公式試合に出場した際に、そのピッチングが藤田元司監督に評価されたことで、翌シーズンは一軍に抜擢されることになった。  槙原は春季キャンプ、オープン戦と好投。一軍抜擢のチャンスを見事にモノにし、開幕先発ローテーションのポジションをつかんだ。初登板は4月16日の阪神戦。10回を投げて無失点と、一軍初登板・初先発とは思えないピッチングを披露し、初勝利を記録。最初の試合で10回を投げ切り、勝利を収めたことは大きな自信になったという。  その後、槙原は先発の一角として起用され、最終的に31試合に登板。12勝9敗1セーブ、防御率3.67と見事な成績を残し、巨人では12人目(当時)となるセ・リーグ新人王に選出された。

【関連記事】