Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ディズニー、Huluとの連携でストリーミング広告販売を強化

配信

DIGIDAY[日本版]

ディズニー(Disney)がHulu(フールー)を完全子会社化してから1年が経った。そして同社はいま、自社の従来型テレビとデジタルインベントリー(在庫)と併せて、Huluのインベントリーを今年のアップフロント市場で販売する準備を進めている。 ディズニーアドバタイジングセールス(Disney Advertising Sales)でクライアントおよびブランドソリューションズ担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めるリサ・バレンティノ氏は「ひとつのポートフォリオとして売り込む予定だ。これらの契約にHuluを組み込んで、アップフロント契約の交渉を進めることになる」と語る。 ディズニーは単一契約の一環として、自社のテレビ番組やスポーツイベントの生中継を含む、Huluとディズニーのデジタル動画インベントリーで広告を購入できる新プログラム「ディズニーHulu XP(Disney Hulu XP)」を構築している。広告主は今後、スタンドアローンオプションとして、あるいはディズニーとの包括的な契約のなかで、ディズニーHulu XPを購入できる。このプログラムの一環として(キャンペーンに利用できるのは10月1日から)、広告が広告主のターゲットオーディエンスにリーチすることをディズニーは保証する。また、広告主が料金を支払うのは、広告が最後まで視聴された場合だけであることも保証する。 人々が自己隔離でテレビ番組や映画のストリーミングに費やす時間が増えているいま、ストリーミングに対する広告主の関心は高まっている。Huluが仲間に加わることで、ディズニーはすでに大きくなりつつある広告主の関心をものにしやすくなるはずだ。またディズニーは、Huluをポートフォリオに加えることにより、視聴者が自社デジタルフットプリントの全域で広告主のキャンペーンを目にする頻度を管理しやすくなるだろう。広告によって視聴者が商品の購入を検討する確率が高まっているかどうかといったような、キャンペーンとの接触が広告主の事業に与える影響のトラッキングも可能になる。 PMGでブランドメディアディレクターを務めるナタリー・ゲルダート氏は、「Huluは巨大だが、ディズニーはもっと巨大だ。その上に重なる付加的なスケール、それは彼ら独自の、途方もない価値を持つデータソースのように思える。そのスケールは計り知れないものになるはずだ」と語る。 ディズニーが発表した直近の決算報告によれば、3月下旬におけるHuluのサブスクライバー数は3210万人。うち330万人は同社のストリーミングペイTVサービスに加入している。ただし、彼らサブスクライバーのうち何人がHuluのアドフリーサービスを利用しているのかは、明らかにされていない。

【関連記事】