Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナが“追い風”になったのは「B2Bクラウド」業界、100サイト緊急調査で2極化が判明【WACUL調べ】

配信

Web担当者Forum

WACUL(ワカル)の社内研究所であるWACUL Technology&Marketing Lab.は、コロナ禍が業界に与えた影響について、調査分析した結果を発表した。B2Bクラウド(ECパッケージ、グループウェア、遠隔会議・テレビ会議、営業・マーケ、事務効率化、情報収集、HR-Tech)、ブライダル(フォトウェディング、プランナー、結婚指輪)、旅行(ポータル、レジャー施設、宿、旅行代理店)の3業界・14領域の100サイトが対象。2019年2月から2020年4月までの訪問数およびCVRの推移を追った(2019年2月を100とする形で指数化)。  

B2Bクラウド業界は訪問数が激増、CVRが追いつかないほど

まず、今年に入りコロナ禍が発生。4月になると「緊急事態宣言」が発令されるなど、国内経済は大きな打撃を受けた。特に、飲食、イベント、芸能、娯楽など「密閉・密集・密接」の3要素が絡む「3密業界」は、大きなダメージを受けた。一方で、テレビ会議サービス、テレワーク機材、自宅オフィス化用品など、リモートワーク関連の一部企業は急成長を見せた。 まずB2Bクラウド業界全体のサイト訪問数は、2019年2月比で150%になり、2020年に入ってから増加し続けている。もともと成長領域ではあったが、コロナショックの“追い風”を受けた典型例と言える。

CVR推移では、2019年は正直低調だったが、2020年は増加。訪問数自体も大幅増となったため、CVRは微減傾向となった。2019年は4月に入ると大きくCVRが下がっていたが、今年は微減しても高い水準を保ったままだ。

なかでもB2Bクラウドのうち「遠隔会議・テレビ会議」領域は、2020年2月には2019年2月比で250%、2020年3月に500%、そして2020年4月には1,000%超と、10倍の訪問数に成長した。CVRは訪問者が急増しすぎたため、2020年3~4月は100%を切ったが、4月は3月より上昇しており、訪問数急増を超える勢いでニーズが高まっていると考えられる。