Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【プレイバック】FC東京U-18、1年での帰り咲き モンテディオ山形ユースを1-0で下す

配信

高校サッカードットコム

間も無く令和2年度シーズンが開幕。新シーズンに先駆けて、過去の熱戦をプレイバック。 【フォトギャラリー】FC東京U-18 vs モンテディオ山形ユース 【2019.12.15 2019年高円宮杯U-18サッカーリーグプレミアリーグプレーオフ決定戦 FC東京U-18 vs モンテディオ山形ユース】  勝負を分けたのは個の力と経験の差だった。  12月15日、U-18高円宮杯プレミアリーグプレーオフの2回戦(参入決定戦)が行われ、FC東京U-18が1年での帰り咲きを決めた。  3-4-2-1の布陣でスタートしたFC東京が序盤から試合の主導権を握る。丁寧にボールを繋ぎながら、ピッチを広く使って攻撃を展開。特に効果的だったのは右サイドの仕掛け。右ウイングバックの森田慎吾とシャドーの角昂志郎に加え、右CBの木村誠二も攻め上がってチャンスを作り出す。5分に森田の折り返しに小林里駆が合わせ、42分と45分にも森田がアーリークロスから決定機を演出。しかし、いずれも決め切れず前半はスコアレスで折り返した。  後半もペースはFC東京。だが、半田陸を中心とする粘り強い山形の守りに手を焼いてしまう。ゴール前でシュートシーンを作れず、時間だけが経過する。この嫌な雰囲気を吹き飛ばしたのは、10番の小林だ。右サイドで森田からパスを受けると、巧みなターンで相手のマークを振り切る。一気にギアを上げてペナルティエリア内に侵入し、最後は右足で豪快に蹴り込んだ。  以降は相手のロングボール攻勢に苦しみ、守備に回る時間が増えた。それでも、野澤大志ブランドンを軸に虎の子の1点を死守。最後まで無失点で終えたFC東京が1年でプレミアリーグ帰還を果たした。  試合後、FC東京の中村忠監督は安堵の表情を浮かべた一方で、試合は簡単ではなかったと話した。 「相手の守備は堅い。速攻やロングスローが武器なのはわかっていたし、相手のGKもレベルが高い。気を引き締めないとやられると感じていた」  実際に山形のディフェンスは堅く、クロスを入れられても最後のところで身体を張った守りを見せていた。それでも、勝ち切れたのは経験値の差と個人技の部分だ。  山形の今井雅隆監督は「勝負へのこだわり、競り合いや球際の強さが違った」とし、「クロス対応はできていたけど、最後は個人技でやられてしまった」と話す。  FC東京は昨季までプレミアリーグで揉まれ、今季はプリンスリーグ関東で圧倒的な力で優勝を成し遂げた。一方の山形はプレミアリーグプレーオフ初出場で、経験値はまだまだ浅い。プレッシャーが懸かった場面で「今まで通りにやれなかったし、相手は経験値を持っていた」(今井監督)。  スコアは1-0だったが、スコア以上にFC東京の強さが際立つゲームだったのは間違いない。

【関連記事】