Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

競馬ファンが2931人が選んだ「ディープインパクトのベストレース・思い出のレース」

配信

netkeiba.com

 2005年に無敗で3冠を制し、通算でGI・7勝を挙げたディープインパクトが旅立って本日30日で1年となる。netkeiba.comでは、アンケート『ディープインパクトのベストレース・思い出のレースは?』を昨年実施した。2004年のデビューから2006年有馬記念までの全14戦の中で、競馬ファンの記憶に残る「ベストレース・思い出のレース」はどのレースになったのか、上位となったレースへのファンの思いも添えて、紹介する。 【写真】ディープインパクト 牧場で佇む風景 ■競馬ファンが選んだ「ディープインパクトのベストレース・思い出のレース」 有馬記念(2006/12/24) 735票 天皇賞・春(2006/4/30) 652票 若駒S(2005/1/22) 604票 菊花賞(2005/10/23) 352票 東京優駿(2005/5/29) 128票 ジャパンC(2006/11/26) 110票 有馬記念(2005/12/25) 91票 皐月賞(2005/4/17) 84票 2歳新馬(2004/12/19) 63票 凱旋門賞(2006/10/1) 54票 宝塚記念(2006/6/25) 27票 神戸新聞杯(2005/9/25) 11票 弥生賞(2005/3/6) 10票 阪神大賞典(2006/3/19) 10票 ■1位 有馬記念(2006/12/24)への競馬ファンのコメント 「4コーナーは本当に翼が生えてるかの如くの速さ!最後までこれぞディープインパクトでした!お疲れ様でした!沢山の感動をありがとう!」 「リアルタイムで観れた2戦のうちのラストラン。まさに“飛ぶ馬”を観る事が出来て、ただただ深い衝撃を受けました。あのようなレースは未だに観たことがありません。私が忘れる事が出来ないレースの一つでした。ディープインパクト、感動をありがとう」 「このレースを見て、競馬が好きになりました。ありがとう、ディープインパクト!」 ■2位 天皇賞・春(2006/4/30)への競馬ファンのコメント 「勝った12戦はどれも圧巻で、毎回のようにビックリしていたのですが、その中でも天皇賞(春)がディープインパクトのベストレースだと思います。本来は捲って行くと脚を使い、直線で脚は残っていないはずですが、なんとそこから3200mを走っているとは思えない脚を使い、驚異の3ハロン33秒5!しかも勝ち時計3分13秒4は当時の世界レコード!競馬ファンに夢と希望、そして衝撃を与えたディープインパクト!ありがとうございました!」 「捲っていった瞬間、京都のスタンドから大歓声が上がった時が忘れられない」 ■3位 若駒S(2005/1/22)への競馬ファンのコメント 「このレースは京都競馬場で生観戦しました。4コーナーで『絶望的な差だ』『さすがにこれは届かない!』と思ったところからのあの瞬間移動。15年近くが経過した今でも一番の衝撃です」 「若駒Sの末脚 この馬が3冠馬になると確信した」 「ディープインパクトを知ったレース。競馬ファンが『ブラックタイドの全弟』から、『ディープの全兄はブラックタイド』に変わったことが、印象に残ってます」

【関連記事】