Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

TBS「クレイジージャーニー」にBPOが“放送倫理違反” 過去にあったスタッフ暴行、放送中止の闇

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

 BPO(放送倫理・番組向上機構)の放送倫理検証委員会は8月4日、TBSのバラエティー番組「クレイジージャーニー」に放送倫理違反があったとする意見を公表した。 【写真】この記事の写真を見る(3枚)  2019年8月に放送された、海外の希少動物を捕獲する「爬虫類ハンター」企画で、番組スタッフが動物を事前に準備して撮影していた。BPOでは、専門家が「自力で希少動物を探し出したものと信じたであろう多くの視聴者との約束を裏切るもの」と指摘。放送倫理違反があったと結論づけた。 「週刊文春」は昨年、「クレイジージャーニー」を立ち上げた制作トップA氏によるスタッフへの暴行や、別の企画の放送休止事件など、同番組の裏側を報じていた。2019年9月5日号の記事を全文掲載する。(※記事中の年齢、日付、肩書などは掲載時のまま) ◆ ◆ ◆  2019年7月24日、水曜日の深夜11時56分。約1カ月振りに放送されたTBSの人気テレビ番組「クレイジージャーニー」に異変が起きていた。エンディングに流れるスタッフロールから、前回まで必ずそこにあったA氏(38)の名前がひっそりと消えていたのだ。同番組をゼロから立ち上げ、様々な媒体で「仕掛け人」として魅力を語り、演出を担当してきた番組の制作トップである。 ◆ ◆ ◆ 「クレイジージャーニー」といえば、ダウンタウンの松本人志、バナナマンの設楽統(おさむ)、小池栄子の3人がMCを務め、独自のこだわりを持ついささか“クレイジー”なゲストが体験談を語る伝聞型紀行バラエティ番組。スラム街でマフィアを撮影する写真家や、リヤカーを引いて世界中を歩き回る男などの“狂った旅”に番組スタッフが密着同行するロケの様子が人気を博している。 「深夜の時間帯にもかかわらず高視聴率をキープしており、ジャイアンツの菅野智之選手などファンを公言する著名人も多い。現在までに計7枚発売されているDVDの売り上げは21万枚を突破。過去には、優れたテレビ番組に贈られるギャラクシー賞や放送文化基金賞を受賞しています」(テレビ局関係者)  今や「ザ!鉄腕!DASH!!」(日テレ)や「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」(テレ東)といった他局の人気番組にも引っ張りだこの“爬虫類ハンター”加藤英明氏や犯罪ジャーナリストの丸山ゴンザレス氏、アフリカを撮る女性写真家ヨシダナギ氏など、この番組からブレイクした人物も少なくない。  4年前にこの番組を立ち上げたのが、A氏である。法政大学を卒業後の04年にTBSに入社。 「高校、大学とサッカー部に所属し、一時はプロになるのではと言われたほどの実力の持ち主だったとか。入社後は『学校へ行こう!』や『リンカーン』など一貫してバラエティ畑を歩んできた。仕事のできる奴ですが、いわゆる体育会系で、ADへの暴言やパワハラまがいの言動はしょっちゅうあった」(A氏の知人)

【関連記事】