Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「アーリーリリース」はなんでダメ? ゴルフ大好き芸人が美女プロの“リモートレッスン”を受講した

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ大好きなお笑い芸人ずん・やすは「安定して100を切る」が目標。さらなる上達のため、USLPGAティーチング会員の資格を持つ美女プロ・小澤美奈瀬のリモートレッスンを受講し、「アーリーリリース」はなぜダメなのか、その理由をおさらいした。

スウィングの最下点がズレてしまう

やす:よくレッスンなどで「アーリーリリース」って聞きますよね。ダメな動きって言われますけど、実は僕、何がダメかよくわかっていないんです。 小澤:アーリーリリースとは、コックがダウンスウィングの早い段階でほどけてしまうことです。理想はインパクトの直前まで手首のコックをキープしておきたいのですが、アーリーリリースすると、ヘッドの軌道が変わってだいたい右足の前辺りがクラブの最下点になってしまいます。 やす:アイアンやドライバーを打つときって、ボールは体の中心とか左足寄りだから……。 小澤:そう、アイアンだと最下点より手前でインパクトしてダウンブローに、ドライバーでは最下点を過ぎた少しあとにアッパーブローでインパクトしたいんですけど、それができなくなってしまうんです。 やす:あ~、それでミスが起きちゃうんだ。 小澤:クラブ軌道の最下点がボールよりも右側だと、「届かない」と感じて手首だけでヒョイっと走らせる動きが出てきてしまいます。この動きが起きてしまうと、絶対にすくい打ちになってしまい、フェースの芯でインパクトできませんし、適正ロフトでのインパクトもできません。簡単に言えば、曲がりやすくて飛ばないスウィングになってしまうんです。 やす:あぁ~、最悪ですね……。 小澤:たとえば7番アイアンなら、アーリーリリースしてしまうとだいたい9番アイアン並みのロフトでインパクトすることになりますね。当然ダウンブロー軌道も作られません。グリーンまでの距離に合った番手を選んだのに手前に落ちてしまう、なんて人はアーリーリリースが起きて飛距離をロスしているかもしれませんね。 やす:あ! あります! そういうことだったのか。ちゃんと打っているつもりでも、アーリーリリースが原因だったんですね。

小澤:アーリーリリースしてしまうと、最下点を通り過ぎたクラブヘッドはアッパー軌道で上がっていくだけなので、適正なインパクトは作られません。ゴルフのスウィングでは、インパクトギリギリまでコックをほどかないことが重要です。このコックをほどかない動きが、いわゆるタメ、ということなんです。 やす:はぁ~、なるほど。ギリギリまでコックをほどかない、ですね。勉強になりました!

みんなのゴルフダイジェスト編集部

【関連記事】