Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

8球団が視察に訪れた“知る人ぞ知る“いなべ総合145キロ右腕伊東邑航「プロ志望、でもゴールではない」

配信

中日スポーツ

◇中部から飛び出せ2020ドラフト候補<高校生編>

 昨年は東邦高(愛知)の石川昂弥(たかや)内野手が中日に、星稜高(石川)の奥川恭伸投手がヤクルトにドラフト1位指名されるなど、注目を集めた中部地区のアマ野球。昨年同様の期待が集まる2020年の高校、大学、社会人のドラフト候補を紹介する。今回紹介するのは、いなべ総合高(三重)の最速145キロ右腕、伊東邑航(ゆうこう)投手(17)。 【写真】壮絶!甲子園決勝再試合 斎藤VS田中  昨秋は県準々決勝で敗退。現時点では、まだ知る人ぞ知る存在だろう。だが、183センチ、86キロの恵まれた体格から、最速145キロの直球を投げる伊東は、早くもプロから高評価を受けている。  「すごい投手は、他にいっぱいいる。自分は下の下。これから、徐々に上げていきたい」。自己評価は控えめ。だが、年明けから、スカウトが相次いで訪問。4人態勢だった地元・中日を筆頭に、すでに8球団が視察、あいさつに訪れている。  魅力は、その素材、将来性だ。中学時代は軟式野球部。硬式球に握り替えた高校入学時は最速132キロだったが、体幹トレーニングを繰り返し、昨春の練習試合で142キロに到達。昨夏の三重大会3回戦・宇治山田商戦で145キロを計測した。  エースとなった新チームでは、練習試合を含めて30試合に登板。127イニング2/3を投げて、防御率は1・83、イニング数を上回る157奪三振を記録している。「夏までに最低150キロ。目標は155キロです」。練習中のフォークをマスターすれば、鬼に金棒になる。  ブルペン投球は工夫を凝らしている。チームメートにストップウオッチを渡し、「3秒」、「5秒」と投げるまでのタイムを指定。「打たれると、同じテンポで投げてしまう」という悪癖を修正するため、間を取る感覚を養っている。他にもファウルなどで球が変わることへの対策で、投げ込みの途中で新球にチェンジすることも。ともに自分で考えた練習法だ。  「去年は、春も夏も自分が負け投手。秋も自分で負けた。勝てる投手にならないといけない」。エースの責任感が、伊東を突き動かしている。  中日・清水スカウトは「真っすぐがカット気味に来るので、打者は刺される。球質もフォームのバランスもいい」と評価する。「プロになりたいけど、なることがゴールではない。今は進学と五分五分」と伊東。現時点では慎重な姿勢だが、今後の活躍次第で注目度は増す。  ▼伊東邑航(いとう・ゆうこう) 2003(平成15)年1月5日生まれ、三重県四日市市出身の17歳。183センチ、86キロ、右投げ左打ち。小学1年で、あがた野球少年団に入団。いなべ総合高では1年秋からベンチ入りし、2年秋からエース。

【関連記事】