Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【JNCAP2018-2019】全23車種による衝突安全性能ランキング

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Park blog

国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が、毎年実施しているJNCAP(自動車アセスメント)。ここでは、2018・2019年度の全23車種の衝突安全性能評価を、得点順にランキングにして紹介する。 【写真】この記事に関する写真はこちら!

 JNCAPとは、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が毎年実施している、新車の安全性能評価試験のことだ。毎年10月下旬から12月初旬にかけて前期として発表され、翌年5月末に後期が発表される。  評価試験を受けるのは、現行車種(新車)の中から特に販売台数の多い車種が選定される。実施年度か、その1~2年前に発売、もしくはマイナーチェンジによる性能向上が行われた車種が選ばれることが多い。また、メーカーが試験を依頼するケースもある。どちらのケースにしろ試験用の車両は、試験車両であることを伏せて、ユーザーと同様にディーラーで購入するのが原則。そして全車種同一条件の下に厳密で正確な試験を実施している。  2種類ある安全性能評価のうち、ここで取り上げるのは、事故時に乗員と歩行者の保護性能を扱う衝突安全性能評価だ。パッシブ・セーフティとも呼ばれ、JNCAPでは真正面からコンクリート・バリアに正面衝突するフルラップ前面衝突試験など、実際にクルマをぶつけてその安全性能の評価が行われている。なお、今回のランキングでは直近の2年間に評価を受けた23車種を対象とした。その理由は、衝突安全性能評価が2018年度に大きく得点の算出方法が変更されたことによる。2017年度までは208点満点方式だったが、2018年度から100点満点方式に変更されたからである。  より正確に述べると、変更されたのは試験で算出された点数にかける「重み係数」だ。試験内容と試験結果の点数に関しては変更されていない。歩行者保護の頭部保護試験を例にすると、2017年度までは、「試験の得点(0~4点)×重み係数(18.75)=頭部保護の得点(0~75点)」という形で算出されていた。これが2018年度からは重み係数が8.00となり、「試験の得点(0~4点)×重み係数(8.00)=頭部保護の得点(0~32点)」となったのである。この重み係数は、事故データを基に経済損失などから導き出されている。

【関連記事】