Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

パンデミックで進化した米国のドライブスルー事情には、「未来の飲食店」のヒントが詰まっている

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

COVID-19が世界の飲食店に与えた影響は計り知れない。 特に個人経営の店舗にとっては、かつてないほどクリティカルなシチュエーションと言えるだろう。感染拡大を抑制するために公衆衛生の意識が高まれば高まるほど、皮肉なことに、人々は飲食店内での食事を避ける可能性があるからだ。 全ての飲食店は、その大小に拘らず、ビジネスのやり方を根本的に見直さなくてはならない状況に直面させられている。 そんな中、米国の飲食業界では、このところ面白い変化が見られている。多くの個人経営店が閉店を余儀なくされる中、米国全体で2900億ドルに相当するとも言われるファストフード業界は、2020年8月までに約30%という驚異的な成長を見せているのだ。 この動向の鍵となっているのが、ドライブスルーだ。 これまでも、ドライブスルーは米国のファストフード業界の主な収益源だった。1店舗におけるドライブスルーの売上シェアは約65%にも上るほどだ。その動向が、COVID-19の影響下でさらに加速しているのである。 ある調査によれば、アメリカ人の74%が、これまで以上の頻度でドライブスルーを訪れているという。多くの人々が感染のリスクを少しでも避けるため、極力ドライブスルーでファストフードを利用していることの現れと言えるだろう。 この流れを受けて、これまでドライブスルーを持っていなかった企業も、大規模な投資を行いドライブスルーの導入に乗り出している。 カジュアルレストランチェーンのShake Shackは、同社初となるドライブスルー、それも三車線を擁する大規模なものを2021年にローンチする予定だ。 30年近くドライブスルーの導入を拒んできたメキシカンフードチェーンCipotoleは、「Chipotolane(チポトレーン)」と名付けられたドライブスルーをほぼ全店舗に導入する計画を立てている。 これまでもドライブスルーの恩恵を受けてきたTaco Bellでは、5年から10年かける予定だったドライブスルーのアップデート計画を可能な限り早めていく方針だ。 これらの動向は、車社会の米国ならではの変化と言えるかもしれない。しかし、米国のドライブスルー事情は決して他人事ではない。そこには「未来にあるべき飲食店の姿」のヒントが詰まっているからだ。それは日本の飲食業界にとっても十分に価値のあるものだろう。 ここから、現在の米国ドライブスルートレンドから見えてくる“改革のポイント”をまとめてみたい。

【関連記事】