Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年東京五輪→2022年日本W杯の連続開催? 元FIFA会長「日本は可能だ」

配信

ゲキサカ

 国際サッカー連盟(FIFA)前会長のゼップ・ブラッター氏がカタールの汚職疑惑を受け、アメリカとともに日本が2022年のワールドカップを開催する可能性があると語った。アメリカ『ESPN』が報じている。  2018年と2022年のW杯招致をめぐっては、以前からさまざまな疑惑が出ていた。そして先日、複数のFIFA元幹部がロシアとカタールへの投票を約束する代わりに現金を受け取っていたことが発覚。アメリカのニューヨーク裁判所が告発していた。  ロシアW杯はすでに終了しているが、カタールW杯は2年後に控えている。W杯史上初の中東開催となり、同じく初の試みとして夏ではなく冬に行われる予定だ。  ブラッター氏は今回の汚職疑惑を受け、開催国変更の可能性に言及している。ドイツ『スポルト・ビルト』を通じて「ドイツならホスト国になれる。だが、そうなると2018年から連続してヨーロッパで開催されることになってしまう」とヨーロッパを第一候補から外し、アメリカ、そして2021年に東京五輪が延期となった日本を候補に挙げた。  アメリカについては2026年にメキシコ、カナダとの共同開催が決定しているが、ブラッター氏はそれを前倒しにすることを提案している。 「アメリカなら2026年ではなく、2022年に開催することも可能だ。彼らにはその能力がある。日本も可能だろう。彼らも2022年のW杯招致を行っている」  開催国が変更となった場合は短期間での準備を余儀なくされるが、ブラッター氏は「幸いなことに、2022年W杯の開催チームは32チームのみで、(ジャンニ・インファンティーノFIFA会長が)計画していた48チームではない。規模的には2018年よりも大きなものにはならないはずだ」と主張した。

【関連記事】