Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

人気MV監督の作品を“ハシゴ”する上原実矩、脇役出演の映画でも存在感

配信

オリコン

 昨年、出演したBUMP OF CHICKEN「Aurora」(2019年3月リリース)のミュージックビデオ(MV)が話題になった女優の上原実矩が、1年ぶりにORICON NEWSのインタビューに応じた。 【動画】「青春の爆発 女子高校生編」  新型コロナウイルスの感染拡大であらゆることがしっちゃかめっちゃかになっていたこの春、上原は音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」のSTATION ID(イメージSPOT)「青春の爆発」に出演。映像制作は、King Gnu「白日」のMVなどを手掛けるクリエイター集団「PERIMETRON」が担当した。  「青春の爆発」は、PERIMETRONの映像作家のOSRINとMargtが「学校」という同じシチュエーションをそれぞれの世界観で表現した、「女子高生編」と「男子高校生編」の2部作品。大変な時代を生きる若者たちへエールを贈りたい、という思いを込め、「抑圧からの解放」をコンセプトに規則やモラルなどしがらみを振り払い、自分自身の殻をぶち壊す姿が爽快な音楽と共に描かれている。  実は、2019年のミュージックビデオ・シーンで「Aurora」(映像演出:林響太朗)と「白日」は、拮抗する二大優秀作品だった。スペースシャワーTVの『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2020』で、「VIDEO OF THE YEAR」(年間で最も優れたミュージックビデオに授与される賞)に輝いたのは「Aurora」。一方、米国の『MTV VIDEO MUSIC AWARDS』の日本版として開催されている『MTV VMAJ 2019』の「最優秀ビデオ賞」は「白日」が取るという接戦ぶりだった(「Aurora」は最優秀ロックビデオ賞を受賞)。 ――「青春の爆発」の撮影はいかがでしたか? 【上原】「青春の爆発」の撮影時、OSRINさんから「Aurora」のMV見たよ、って声をかけていただいて。今、まさに業界のトップクラスでしのぎを削っているクリエイターの方々と相次いでお仕事させていただき、光栄でした。それぞれのやり方やこだわりの一部を見ることができたと思うので、貴重な経験でした。青色の絵の具をぶちまけるのは、思っていた以上に難しかったです。 ――コロナ禍をどう過ごしていましたか? 【上原】4月、5月の2ヶ月間で、浮き沈みはありました。自宅待機が始まったばかりの頃はわりと楽観視していたんですが、映画や映画館が危機的状況にさらされている状況にだんだん不安を覚えたり、それを支援する活動が起こって励まされたり。いろいろ考える時間が増えたので、点々と思いついたことを線にするまでの時間はあったんですが、ここをブレイクスルーしないことには、次のステップに進めないだろう、というものにもぶつかって。だからといって、すぐに人に会って相談することもできない状況でしたから、改めて人と会って、話をすることの大切さを感じました。 ――直接会えない代わりにビデオ通話サービスを利用することは? 【上原】ゼロではなかったですけど、ほとんどしませんでした。この自粛中、電話も悪くないな、と思えたことが新たな発見でした。これまで、友だちと電話で話すことがあまりなかったんです。相手がどういう時間軸で動いているかわからないから、迷惑じゃないかな?と気が引けて。でもみんな外出自粛中で暇だろうし、暇じゃなくてもまぁいいかって思ってもらえるかな、と思って。学生時代の友だちに自分から電話をかけてみたんです。そうしたら、みんなも暇だったみたいで(笑)。平気で1、2時間くらいしゃべっていました。最長で4時間くらい(笑)。こういう時に連絡を取り合える友だちは大切にしたいな、って思いました。 ――友だちといえば、昨年放送されたカルピス100周年のテレビCM「宣言篇」「卒業篇」に永野芽郁さんの親友役で出演して話題になり、今年も映画『私がモテてどうすんだ』(7月10日公開)に主人公の親友・あまね役で出演していますね。

【関連記事】