Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

私たちが知っておきたい “お金”にまつわる7つのルール

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE GIRL

新型コロナの影響、20代の貯金額、私たちの年金はどうなるの……? ”お金”についての悩みを挙げはじめたら、正直キリがない! そんな悩めるガールを代表して、ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんに“お金”にまつわるあれこれをASK! 今日から実践できる7つのルールをチェックして、マネーリテラシーを高めよう!

1. アプリで“支出”を見える化する。

(左)レシートも写メを撮るだけで支出管理ができる「Zaim」。Amazonやスタバなど、よく利用する項目を設定してもOK。(右)「Money Forward」の予算管理機能を使えば、統計データに基づいたオススメの予算プランを提案してくれるので生活スタイルにあった現実的な予算組みが可能!  無駄遣いしていないのにお金が貯まらない、なんて思っているガールに質問! 「食費、交際費、衣服・美容代、毎月それぞれいくらで生活していますか?」この質問にすぐに答えられなかったあなたは要注意! お金が貯まるコツは、使い方に意識が向けられているかどうか。まずは、毎月の支出を把握することからはじめてみよう。 レシートをとるだけで費目ごとに分類・記録してくれる「Zaim」は、支出管理初心者にぴったりのアプリ。レコーディングダイエットをすると食べることへの抑制の意識が働くように、支出を可視化することで無駄を抑えることができる! 支出の記録をつけるだけで毎月あたり約1万1000円減らせるというデータもあるんだとか。 さらにもう1ステップ進みたいガールは、銀行や証券会社の口座と連携できる「Money Forward」のアプリもおすすめ。予算管理の機能も充実していて、自分の年齢や職業、ライフスタイルを入力すると、似た属性の人のデータを出した上でレコメンドしてくれる。費目ごとの予算を組んで生活できるようになると、もっとお金が貯まりやすくなる!

2. お金の使い方の“軸”を決める。

お金の使い方に、万人に共通する正解はないと思って! 自分の価値を大切にしながら、削れるところとそうでないところを見極められる人が、お金を貯められる人。例えば、普段1人の時の食費は切り詰めていても友達とのディナーは贅沢をするとか、化粧品の購入は月いくらに収めるとか……。 反対に流されやすい人は、いつまでたってもお金が貯まらないので気をつけて。これって恋愛傾向とも少し似ていて、パートナーから髪を切った方が良いんじゃないと言われて、(自分は切りたくないのに)切るのか、別にこれで似合ってるから切らないという意思があるのか。お金の使い方においても、左右されない自分だけのポリシーを持つことが何よりも大切なこと。 自分の価値や考えと向き合うために、ガール世代に読んでほしいのが『ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 』(だいわ文庫)。大富豪に教えてもらうという形で、豊かに自由に生きる人の思考が物語形式で紹介されている。

【関連記事】