Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

完全試合よりも難しい? プロ野球で初めて全12球団に勝った野村収【1983年】/プロ野球20世紀・不屈の物語

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

歴史は勝者のものだという。それはプロ野球も同様かもしれない。ただ我々は、そこに敗者がいて、その敗者たちの姿もまた、雄々しかったことを知っている。

2リーグ制34年目にして

 1リーグ時代から2リーグ分立を経て西鉄(現在の西武)ほかで活躍、15球団から白星を挙げながらも“全球団からの勝利”にならなかった緒方俊明については紹介した。球団の増減も激しかった激動期。1年だけ在籍した西日本が西鉄と合併して消滅したことで、“全球団”にはならなかったのだ。21世紀には交流戦のためグンとハードルが下がった印象もあるが、20世紀の2リーグ制では、全球団から勝ち星を挙げるには、実力もさることながら、独特の運も必要だった。  まず、少なくとも3度の移籍が必要で、両リーグそれぞれで2チームずつに在籍しなければならない。このとき、うっかり(?)古巣へ復帰してしまうと、達成は遠のいてしまう。もう1度、どこか在籍したことのないチームへ移籍しなければならず、それも同じリーグで4チームの在籍になってしまうと、もう一方のリーグでは1チームのみの在籍となってしまい、さらに達成は遠くなってしまうのだ。もちろん、ただ在籍しただけでは不可能。一軍で登板し、古巣に勝利する実力も兼ね備えていなければならない。  球界の雰囲気も近年と異なる。移籍は環境が変わることでもあり、それによって多かれ少なかれ役割が変わり、投球にも影響が出かねないのは同じだが、かつての移籍には“お払い箱”のような印象もあり、新天地では“外様”のような扱いになることも少なくなかった。数値化できるようなものではないが、新天地でも第一線を維持することは、近年よりも難しかったといえるだろう。さらに、第一線の最先端を走るほど活躍してしまっても、トレードの交換要員として白羽の矢を立てられる可能性も低くなるから、投手タイトルの常連、まさにエースという活躍をしても達成は難しくなる。そして、そもそも、FAもなかった時代、このチームから移籍しようと思ってプレーしているわけではない。全球団から勝つということは、それだけ何重ものハードルがあったのだ。  ちなみに、投手にとって至高の快挙ともいえる完全試合を達成したのはプロ野球で15人。このすべてが2リーグ制となってからで、20世紀のものだが、これが“全球団から勝利”となると、20世紀には2人しかいない。また、これも重複になるが、完全試合は2リーグ制となって1年目、プロ野球が始まってから14年目(戦争による休止を除く)に達成された一方で、全球団から勝った投手が登場したのは2リーグ制となって34年目のこと。その第1号は1983年、プロ15年目を迎えた右腕の野村収だった。

【関連記事】