Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【感染者数1300万人超】8カ国11都市の特派員が伝える世界の今 ~新型コロナと闘う世界~

配信

FNNプライムオンライン

猿のやりたい放題

バンコク支局の河井です。 ここタイのロッブリーでは、観光客が減ったことにより、サルが大量に町の中に出てきてしまっています。店や住居、学校などに我が物顔で侵入し、食べ物を取るなどやりたい放題。ここ数年で3000匹以上にも急増し、餌が不足した事が直接の原因ですが、新型コロナで、餌を与える観光客がいなくなり、被害が拡大しています。

神に感謝しながら頂く捧げもの

イスタンブール清水です。 月末に始まるイスラム教の犠牲祭を前に、神への捧げものとなる動物の販売が始まりました。こちらの牛は、日本円で1頭30万円ほどです。捧げものの肉は、貧しい人や家族、親族と分け合って神に感謝しながら食べます。犠牲祭の期間は5連休で、大規模な帰省ラッシュが発生するため、コロナ感染が再び拡大する恐れもあります。

人が戻ったビーチ

パリの石井です。 フランスでは、9割近い人たちが国内でバカンスを過ごすと答えていて、自由を愛するフランスの人たちも旅行先の選び方には慎重です。最も人気なのは海岸沿いの地域で、ビーチでは普段の夏と変わらぬ光景も見られます。厳しい外出規制が緩和されて初めてのバカンス、いまだ緊張感の続く日常との狭間で揺れる人々の姿が印象的です。

川のレジャーが人気

ワシントンの瀬島です。 連日、真夏日が続く中、首都ワシントンは公共プールの再開延期を決定、代わりに人気を集めているのがこちら、カヌーやカヤックを使った川のレジャーです。他人との接触が少なく、操作は初心者でも簡単。レンタルで気軽に楽しめます。カヤックの売り上げは全米で去年の同時期に比べ8割増え、夏の遊び方にも変化が生まれています。

エンパイアステートビルも再開

ニューヨーク上野です 感染の再拡大に歯止めがかからないアメリカですが、ここニューヨークは、新規感染者が100人を切る日も出るなど、落ち着いてきました。ニューヨークを象徴する観光名所の一つ、エンパイアステートビルの展望デッキも20日以降予約制で再開します。夏休みシーズンを迎え、ニューヨークは、慎重に経済活動の再開を進めています。

【関連記事】