Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

北アルプスで「新型コロナ疑い」の遭難者 防護服やマスク着け、背負って下山 県警「感染警戒の救助難しい...」

配信

NBS長野放送

29日、長野県警は今月18日に北アルプス白馬岳で新型コロナウイルスに感染した可能性を否定できない遭難者を救助した事例があったことを、県会警察委員会に報告しました。 警察によりますと、今月18日午前9時過ぎ、白馬岳に向かっていた県内在住の30代男性から「40~50メートル滑落した、身動きがとれない」などと通報がありました。男性は、標高2500メートルの小雪渓付近で滑落し、行動不能となり救助を求めました。 県警は電話で男性に体温や体調などを確認しましたが、感染していないか見極めが難しかったため、救助現場で男性に防護服やマスク、手袋などをつけ男性を背負って下山し、午後5時前に登山口で消防に引き継ぎ、大町市内の病院に搬送しました。男性は鎖骨を折るなど大きなけがを負いましたが、その後、感染していないことが判明しました。 4月には八ヶ岳連峰の阿弥陀岳で感染が疑われる遭難者の救助にあたった隊員が一時自宅待機した事例もありました。 県警は感染有無の確認作業などに時間を要し、例年に比べ、救助を始めるまでに時間がかかるとしています。また、感染を警戒しながらの救助の難しさを痛感しています。 県警は、登山者に対して、事前の検温などを行い、少しでも体調が悪い場合は入山を控えるよう注意を呼びかけています。

【関連記事】