Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

月15万円以下の老人ホームはほとんどない!? 親を老人ホームへ入居させるためにしなければならないこと

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

親の今後について親子間でよく話している方は14%しかいないと判明!

あなたは、親の介護について考えたことはありますか? かけがえのない家族だからこそ、将来訪れるであろう親の介護について考えなければなりません。 しかし、多くの方は、親の介護が必要になった時に初めて、考え出すのではないでしょうか? 親の介護について考えた時に、在宅介護をしたり、老人ホームの入居を勧めたりと色々な選択肢がありますが、そのことに関して親と真剣に話し合いをしている方は少ないかもしれません。 では、親の今後に向けて準備をしている方がどのくらいいるのでしょう。 今回、“千葉老人ホーム・介護施設紹介所リーブス”を運営するひまわりライフサービス株式会社の50代~60代男女を対象に実施した、親の介護に関する調査をご紹介します。

親の今後について親子で話し合いをしていない方が6割以上いると判明!

始めに、親の今後について、普段から親子間で話し合いをしているのか聞いてみました。 「親の今後について、親子で話し合いをしていますか?」と質問したところ、『全然話していない(29.4%)』『あんまり話していない(32.6%)』『少し話している(24.0%)』『よく話している(14.0%)』と回答しました。 合計6割以上の方が、親と具体的な今後の話ができていないようです。 子どもから親に介護の話をしてもいいのかためらってしまうことや、本人が元気で過ごしていることなどから、話す機会をなかなか作れないのかもしれません。

在宅介護ができない方は半数以上いる!?老人ホームへの入居を勧めるタイミングとは?

先程の調査で、親の今後について話し合いができていない方が多いとわかりました。 万が一に備えて、話し合っておくことは大切ですよね。 もし、親の介護が必要となってしまった場合、在宅介護をするのか施設介護をするのか悩むと思いますが、在宅介護ができる方はどのくらいいるのでしょうか? 「親の介護が必要になった場合、在宅介護はできますか?」と質問したところ、半数以上の方が『できない(55.5%)』と回答しました。 2人に1人の方が在宅介護は厳しいと感じていると判明しましたが、なぜそのように感じているのか、具体的な理由を伺いました。 ■在宅介護ができない理由 ・「体力、気力共に続かないと思うから」(50代/男性/無職) ・「家族が多いし、皆仕事をしてるので昼間に誰もいないから」(50代/男性/自営業) ・「家庭内での争いが常に発生してしまう恐れがあるため」(60代/女性/パート・アルバイト) ■在宅介護ができる理由 ・「初期はできると思う。ただ長期になったり寝たきりになったりすると難しい」(50代/女性/専業主婦) ・「病状、症状にもよりますが実母を看た経験があるため」(50代/女性/無職) ・「すでにバリアフリー住宅にリフォームしているから」(50代/男性/公務員) などの回答が寄せられました。 在宅介護は体力や気力が必要になると思います。 自分1人で介護を続けていると「私は大変な思いをしているのに、周りはわかってくれない…」など家族間に亀裂が入ってしまうこともあるようです。 そういった理由から、在宅介護をするのが厳しいと回答した方が多いのかもしれません。 在宅介護が厳しいと感じている方が多いとわかりましたが、そのような方はどのようなタイミングで親に老人ホームへの入居を勧めるのでしょうか? 「親に老人ホームの入居を勧めようと思うタイミングを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『自宅での介護に限界を感じた時(49.7%)』と回答した方が最も多く、次いで『親が自ら施設入所を希望した時(46.0%)』『親の病気(認知症含む)が進行した時(34.6%)』『医師やケアマネジャーなどの専門家から勧められた時(27.7%)』『仕事の関係等で親の面倒を見られなくなった時(18.5%)』『介護者が増えた時(7.0%)』と続きました。 自宅での介護に限界を感じたり、親の病気が進行したりするタイミングで老人ホームへの入居を考えるようです。 介護を続けたい気持ちはあっても、続けていくことが困難になってしまった際に、急に老人ホームを探すとなると大変ですよね。 皆さんのご家庭の状況に応じて、介護の方法を考える必要があるかもしれません。

【関連記事】