Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゲッターズ飯田さんに聞く! 今後、日本人の考え方や行動は変わっていきますか?

配信

集英社ハピプラニュース

時代の「読み手」がアドバイス! 2020年下半期・私たちの運命と美運大予測

新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、東京オリンピックが延期されるなど、私たちの誰もが経験したことのない困難に直面した2020年上半期。「MAQUIA」8月号では、未来はどのように変化し、私たちはこれからどう進んでいけばいいのかを、ゲッターズ飯田さんに伺いました。 【占い】星座別・2020年下半期の運勢は?

●お話を伺ったのは…占い師・タレント・放送作家 ゲッターズ飯田さん 四柱推命や姓名判断、手相、星占いなどの占いをもとに、独自の「五星三心占い」を考案。芸能界最強の占い師。これまで占った相手は6万人を超える。

「お金至上主義は崩壊。 権力者や大企業の在り方が変わってくる」

2020年下半期は社会の仕組みや価値観が大きく変革する最初の年。個人の力が強くなり、大手企業から個人商店へという流れが強くなってきます。大企業に就職できたから一生安泰という時代は終わり、これからは何でもひとりで熟せる高いスキルを身につけた人が生き残れる時代に。今回の自粛生活によって、なかなか導入&実行することが難しかった「働き方改革」も一気に進みました。今後はさらにリモートワークが主流になっていくでしょう。また、「できる人」と「できない人」との差が顕著になり、本当に必要な職業や職種だけが残るでしょう。また、デジタル化やAI化はますます進んでいきます。決済は全てキャッシュレス、車は自動運転、介護はAIロボット、翻訳機器の進化など、そう遠くない未来に実現しそうです。乗り遅れないようアンテナを張っておいてくださいね。

「協調性があり、庶民的な相手を 恋愛・結婚相手に選ぶ」

上半期に続き下半期も「庶民」「協調性」「伝統」が開運キーワード。これからの時代、容姿や学歴、勤め先で相手を選ぶのはナンセンスです。相手を大切にできて、どんなトラブルでも怖じ気づかない精神力を持った優しくて「庶民」的な人と一緒にいると幸せになれるでしょう。また上下関係なくみんなと同じ目線で物事の分別ができる「協調性」も大事です。知恵や情報が大切な時代となるので、それを上手く活用しましょう。お金か、それともそれに代わる「何か」が入ってきます。逆にお金そのものに対して執着のある人は運気を止めてしまうので要注意。もしあなた自身もそうなら、今すぐその考えを手放して。また東京タワーや神社仏閣、レトロな商店街など「伝統」があって、「庶民」的な場所が運気を上げるスポット。開運グッズのスニーカーを履いてデートででかけるのもおすすめです。

【関連記事】